羊毛フェルトのニードルは何で代用できる?

困っている人
羊毛フェルトをしたいんだけど、ニードルが見当たらないんだー。普通の針で作ってみようかな。
フェルトママ
ちょっと待って。普通の針と羊毛フェルト専用のニードルは違うのよ。
困っている人
え?じゃあ作れないの?
フェルトママ
普通の針と釣り針を使って代用できるのか、実際に羊毛フェルトを刺してみたから見比べてみて。面白いのよ。
この記事では以下のことが分かります。

✔ 羊毛フェルニードルの代用品はあるのか

✔ 羊毛フェルト専用ニードルがないときの対処法

 

羊毛フェルトの専用ニードルがないけれど、羊毛フェルトを作りたいときって困りますよね。
別の針で代用できないか調べてみました。
スポンサーリンク

羊毛フェルトのニードルは別の針で代用できない

結論から言いますと、羊毛フェルトニードルは別の針では代用できません。

本当に代用できないのか、普通の針と釣り針の2種類を使って実験してみました。

普通の針を使った場合

まずは普通の縫い針を使ってみました。

普通の針

 

普通の針を羊毛フェルトに刺してみます。

羊毛フェルトに普通の針を刺すところ

 

何度刺してもするすると抜けるだけで、羊毛フェルトがフェルト化しません。

羊毛フェルトに普通の針を刺すところ

全くフェルト化しないので、普通の針は羊毛フェルトニードルの代用品にはなりません。

 

釣り針を使った場合

次は家にあった釣り針を使ってみました。(実は釣り好き笑)

釣り針

 

釣り針は曲がっているので、ペンチで伸ばしてみました。

返しがついているので、気をつけながら、、

釣り針をペンチで伸ばしているところ

 

ガタガタですが、何とか伸びました笑

釣り針を伸ばしたところ

 

実際に羊毛フェルトの刺してみました。

針が短くて刺しにくいです笑

釣り針を羊毛フェルトに刺すところ

 

引き抜こうとしましたが、、抜けません!!

釣り針にはしっかりした返しがついているので返ってこないんですね、、

釣り針を羊毛フェルトから抜くところ

 

そりゃそうですよね。

引っぱって簡単に抜けたら魚に逃げられてしまいます。

ということで、釣り針も羊毛フェルトニードルの代用品にはなりませんでした。

羊毛フェルトのニードルが代用できない理由

普通の針と釣り針の2種類の針で羊毛フェルトを刺してみましたが、どちらともうまくフェルト化させることは出来ませんでした。

 

羊毛フェルトの専用ニードルがフェルト化を可能にするのは、以下の理由からです。

  • ニードルの先に刻み(バーブという)がついているため、羊毛フェルトに刺し込むことで羊毛の繊維が絡まり合ってフェルト化する

 

よく見ると専用ニードルの先には刻み(バーブ)がいくつかついていますね。

専用ニードルのバーブ

羊毛フェルトがフェルト化する理由はこれに尽きます。

この刻みが程よく羊毛フェルトの繊維同士を絡めてくれるので、様々な形を作ることができるんですね。

やはり羊毛フェルトには羊毛フェルト専用のニードルが必要です。

テクニックに自信がない方は、簡単に作業が出来るニードルのおすすめがあるんですよ。

簡単に作業が出来るニードルに興味がある人は別記事の羊毛フェルトニードルおすすめ記事をご覧ください。(クリックで読めます)

 

ではなぜ返しのついている釣り針ではうまくいかなかったのでしょうか。

釣り針の先をよく見てみると、返しがかなり突起しています。

つまり引き抜くとき(緑の矢印方向)に、羊毛フェルトの繊維に引っかかるためうまく抜けなかったのでした。

釣り針の説明

 

羊毛フェルトのニードルを使わずに羊毛フェルト作品を作る方法

では、羊毛フェルトニードルがない場合、羊毛フェルト作品を作る方法はあるのでしょうか。

 

ずばり『石鹸水を使う』です。

 

ニードルを使わずにフェルト化させられるのは、手で丸めて作れる羊毛フェルトボールなど種類が限られます。

石鹸水を使った羊毛フェルトボールの作り方は以下になります。

  1. 羊毛フェルトを手のひらで丸めておく
  2. ビニール袋の中にぬるま湯を少量用意し、台所洗剤などの中性洗剤を数滴入れる
  3. ②のお湯の入ったビニールに①の羊毛フェルトを入れ、ビニールの上からこする
  4. 表面がつるつるになったら、取り出してお湯ですすぐ
  5. 出来上がった羊毛フェルトの水分をタオルで取り除いて乾かす

石鹸水で羊毛フェルトを作るところ

(お湯の入ったビニールの上から羊毛フェルトボールをこすっているところ)

 

石鹸水で作った羊毛フェルトボール

(石鹸水で作った羊毛フェルトボール)

 

別記事の羊毛フェルトボールの作り方の中では、より簡単に羊毛フェルトボールが作れる道具の紹介もしています。

 

羊毛フェルトのニードルの代用品はないが石鹸水で作品を作ることができる

羊毛フェルトの専用ニードルがないとき、普通の針や釣り針では代用することが出来ませんでした。

代用できない理由は以下になります。

  • 羊毛の繊維同士が絡まり合ってフェルト化するため、抵抗のない普通の針ではフェルト化できない
  • 釣り針には返しがついているが、返しの突起が大きいために引き抜くことができない

 

よって、羊毛フェルト作品を作るのには専用ニードルが必要です。

羊毛フェルトニードルを使うところ

 

しかし羊毛フェルトボールを作る時だけは専用のニードルなしでも、石鹸水を使うことでフェルト化させることが出来ました。

手順としては、ビニール袋にぬるま湯で作った石鹸水を入れ、その中に丸めた羊毛を入れて上からこすります。

表面がつるつるになったところですすぎ洗いをし、乾かしたら、羊毛フェルトボールの完成です。

石鹸水のみを使う場合は、作れる作品の種類に限りがあります。

色々な羊毛フェルト作品を作りたい方は、予備の専用ニードルを多めに準備しておくことをオススメしますよ。

多めに準備しておくことで、もしもの事態に備えることができます。

 

また、別記事の羊毛フェルトは毛糸で代用できる?【ウールと化繊の比較あり】で羊毛フェルトの代用についても書いています。興味のある方は見て下さいね。(クリックで読めます)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。