羊毛フェルト作品の仕上げ道具【おすすめのスプレーとは?】ケープはいけるの?

くまアイコン
困っている人
せっかく作った羊毛フェルト作品がボサボサになってしまうよ。
教える人
フェルトママ
表面がボサボサになるのはよくあることね。羊毛フェルトを仕上げる道具としてスプレーを使ってみてはどうかしら。
くまアイコン
困っている人
おすすめのスプレーはある?
教える人
フェルトママ
羊毛フェルトにはクラフト専用のスプレーがおすすめよ。
羊毛フェルト作品がボサボサになってしまうことってありますよね。
出来上がった作品にスプレーを吹きかけることでボサボサになるのを解消したり、作品の強度を上げることが出来ます。
作品作りは出来るんだけどもう少しクオリティが上がればなぁと思っている方は、スプレーについてのこの記事をぜひ最後までお読みください。
 
今回、ヘアスプレー『ケープ』とハマナカのクラフト用スプレーを羊毛フェルトに吹きかけて比較してみた結果、ハマナカのクラフト用スプレーを使うことで作品のクオリティが格段に上がりましたのでご紹介いたします。
これは私が自信をもっておすすめできる買って損はないアイテムですよ!
 
 
この記事では、羊毛フェルト作品の仕上げ道具のおすすめのスプレー『ハマナカのクラフトスプレー』について分かります。
 
私は羊毛フェルトを作り始めたころ、専用のスプレーがあるとは知らず、以下の理由からヘアスプレーの『ケープ』を使って仕上げていました。
  • 作品のボサボサを無くしたい
  • 作品の強度を高めたい
しかし、作品に『ケープ』を吹きかけても仕上がりがうまくいかずに満足出来なかったのです。
 
今回クラフト専用のスプレーに出合い、「この仕上がりを求めていた!」と感動したのでシェアしていきますね。
比較したスプレーは以下の2種類です。
スプレー2種
 
スポンサーリンク

羊毛フェルト仕上げ道具にヘアスプレーの『ケープ』を使ってみた場合

ヘアスプレーのケープ

まずは家にあったヘアスプレーの『ケープ』を使ってみました。

髪を固めるときに大活躍の定番スプレーですね。

 

羊毛フェルトにケープをかけるところ

さっそく羊毛フェルトに吹きかけてみましょう。

 

羊毛フェルトにケープをかけるところ

全体にシューっとかけます。

 

羊毛フェルトにかけたケープをなじませるところ

スプレーが羊毛フェルト全体にかかったら、吹きかけたスプレーと羊毛フェルトを指でなじませます。

スプレーがついて指が濡れている感じはありますが、べたつきはあまりありません。

 

羊毛フェルトにケープをかけたところ

ケープをかけた後の仕上がりはこんな感じになりました。

羊毛フェルト表面の毛羽立ちは少しましになっています。

実際触ってみましたが、羊毛フェルト作品の硬さに変化はありませんでした。

 

羊毛フェルトにケープをかけた前後比較画像

ヘアスプレーの『ケープ』を吹きかける前と吹きかけた後の比較写真です。

吹きかける前より吹きかけた後の方が、表面が少し整った感じになりましたね。

見た目はきれいになりましたが、強度が上がった感じはありません

 

羊毛フェルト仕上げ道具にクラフト用スプレーを使ってみた場合

クラフト用スプレー

次は、クラフト用スプレーの『ハマナカ エコクラフト仕上げ用 水性アクリル 透明ニス』を使ってみました。

 

羊毛フェルトにクラフト用スプレーをかけるところ

羊毛フェルトに吹きかけてみます。

ニスの匂いがしますので、換気をしっかりしながらスプレーしてくださいね

 

羊毛フェルトにクラフト用スプレーをかけるところ

羊毛フェルト全体に吹きかけます。

 

羊毛フェルトにかけたクラフト用スプレーをなじませるところ

スプレーをかけた直後は濡れたような見た目でちょっと心配になりますが、指で羊毛フェルトになじませるときれいになりますので安心してくださいね。

また、指がややべたつきますが、石鹸でしっかり洗えばきれいに取れます。

肌が弱い方や指の汚れが嫌な方は使い捨て手袋をはいて作業してくださいね

 

羊毛フェルトにかけたクラフト用スプレーをなじませるところ

羊毛フェルトをなでるようにしてなじませます。

毛羽立ちがどんどん収まっていくのが分かりますね。

 

羊毛フェルトにクラフト用スプレーをかけたところ

ハマナカのクラフト用スプレーを使った後の仕上がりはこんな感じです。

作品がカチッとしてしっかりした印象になっていますね。

 

羊毛フェルトにクラフト用スプレーをかけた前後

羊毛フェルトにクラフト用スプレーの『ハマナカ エコクラフト仕上げ用 水性アクリル 透明ニス』を吹きかける前と吹きかけた後の比較写真です。

吹きかけた後の方が仕上がりがカチッとして美しくなっているのが分かります。

触ると作品自体の硬さもあります

また、写真では分かりにくいですが、ツヤ・光沢も出ており、作品に高級感が出ていました

 

ヘアスプレーとクラフト用スプレーの道具の使い心地と仕上がりの比較

羊毛フェルトにケープとクラフト用スプレーをかけた比較画像

ヘアスプレーの『ケープ』と、クラフト仕上げ用スプレー『ハマナカ エコクラフト仕上げ用 水性アクリル透明ニス』で羊毛フェルト作品をそれぞれ仕上げてみました。

羊毛フェルト表面の毛羽立ちは、どちらもスプレーを吹きかける前より綺麗になっています。

 

羊毛フェルトにケープとクラフト用スプレーをかけた後の弾力の比較画像

スプレーをかけた後の弾力の違いはこんな感じ。

ケープで仕上げた方は指で押さえると簡単につぶれてしまいます

一方のクラフト用スプレーの方は、跳ね返りが強くて強度が上がっていることが分かります。

 

仕上げ道具としてのスプレーの使用感や、作品の仕上がりの比較結果は以下の通りです。

 ヘアスプレー『ケープ』

クラフト用スプレー

『ハマナカエコクラフト仕上げ用 水性アクリル 透明ニス』

吹き付けたときのべたつきなしあり
スプレーの匂いほぼなしあり
毛羽立ちほぼなしほぼなし
仕上げたあとの硬さ仕上げ前と変わりなし仕上げ前より硬い
ツヤ・光沢なしあり

使用感は『ケープ』の方がお手軽ですが、仕上げた後の羊毛フェルト作品の硬さや、ツヤ・光沢の観点からは、クラフト用スプレー『ハマナカエコクラフト仕上げ用 水性アクリル 透明ニス』が断然いいですね。

 

羊毛フェルトの仕上げ道具には『ハマナカ エコクラフト仕上げ用 水性アクリル 透明ニス』スプレーがおすすめ!

クラフト用スプレー

羊毛フェルト作品のボサボサを抑えたいときや、羊毛フェルトアクセサリーの強度を上げたいときには、仕上げ道具としてクラフト用スプレー『ハマナカ エコクラフト仕上げ用 水性アクリル透明ニス』を使用することをおすすめします。

作品に吹きかけると、表面にツヤ・光沢が出る上に、羊毛フェルトが硬くなり、作品の強度を上げることが出来ました

お値段は少し高めですが、容量も200mlと大量に入っているので長く使えます

羊毛フェルト作品の強度を上げたいときや、プレゼントを作りたいとき、アクセサリーなど摩擦が多い作品にアレンジしたいときなんかは特に活躍してくれますよ。

作品が可愛く出来ても身につけるうちにボロボロになったら悲しすぎるのでぜひ使ってみて下さいね。

 
 

最後までお読みいただきありがとうございました。