フェリシモの羊毛フェルトキット【口コミ&実作レビュー】

 
困っている人
フェリシモの羊毛フェルトやってみたいけどどんなものなのかな。
 
フェルトママ
フェリシモの羊毛フェルトって気になるわよね。私が実際に注文して体験してみたから紹介するわね。

フェリシモの羊毛フェルトキットってどんなもの?と気になりますよね。

今回はフェリシモの羊毛フェルトキットの口コミと、初級シリーズと中級・上級コースの両方を体験した私の実作レビューをご紹介いたします。

結論から言うと、説明書どおり作ればどなたでもお手本のような可愛らしい作品を作ることができます。

フェリシモの羊毛フェルトキットの完成

✔ この記事では、フェリシモの羊毛フェルトの口コミと実作レビューが分かります。

\フェリシモ羊毛フェルトシリーズを見てみる/

フェリシモ おはなしが聞こえてきそう ニードルフェルトで作る動物たち「はじめてさんのきほんのき」の会

フェリシモ クチュリエ×小鳥部 ちょこんとおそばに 羊毛フェルトで作る愛らしい小鳥たちの会

目次から見たいところに飛んでもらうのでもOKです。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

目次
スポンサーリンク

フェリシモの羊毛フェルトキットとは

毎月1回の定期便で洋服や靴、雑貨などが送られてくることで有名なフェリシモ。

フェリシモにはハンドメイドの制作キットが送られてくるクチュリエシリーズというのがあり、その1つに羊毛フェルトキットがあります。

フェリシモの羊毛フェルトキットの特徴は以下の通りです。

  • 毎月1回送られてきて全6回で完結
  • 動物シリーズ(初級)と鳥シリーズ(中級・上級)が選べる
  • 自分で準備すべき道具がある
  • 途中解約ができる(しかも1分で超簡単)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

毎月1回送られてきて全6回で完結

フェリシモの羊毛フェルトキットには2つのシリーズがあり、毎月1回の定期便で送られてきて全6回で完結します。

作りたい作品の順番は選べませんが、テクニックが少しずつ上がっていくようにフェリシモ側で順番が考えられています。

動物シリーズ(初級)と鳥シリーズ(中級・上級)が選べる

フェリシモの羊毛フェルトキットは、動物シリーズ(初級)と鳥シリーズ(中級・上級)が選べます。

送られてくる順番は決まっており、以下の通りになっています。

■ 動物シリーズ(初級)

フェリシモの羊毛フェルトの動物シリーズ
                         フェリシモ公式サイトより引用
  1. まぁるいネコのチャームとオブジェ | フェルトの基本を学ぼう
  2. ふわふわウサギとしっかりウサギの親子 | 同じ量の羊毛で固さを変えてみよう
  3. なかよしヒツジとハリネズミ | いろいろな素材を作ってみよう
  4. すくっと直立!アライグマ | パーツをつないで立ち上がらせよう
  5. やさしいお顔の柴犬 | リアルな表情を作ってみよう
  6. 集大成!ちょこんと手のりシマリス | リアルなシマリスにチャレンジしよう

\ 動物シリーズ(初級)を覗いてみる/

フェリシモ おはなしが聞こえてきそう ニードルフェルトで作る動物たち「はじめてさんのきほんのき」の会

■ 鳥シリーズ(中級・上級)

フェリシモの羊毛フェルトの鳥シリーズ
                         フェリシモ公式サイトより引用

届けられる順番は明記されていませんが、全6回の作品画像を見る限りどれも同じレベルで作れる鳥のようです。

\鳥シリーズ(中級・上級)を覗いてみる/

フェリシモ クチュリエ×小鳥部 ちょこんとおそばに 羊毛フェルトで作る愛らしい小鳥たちの会

1回ごとの価格と送料

1回ごとの価格と送料は以下のとおりです。

  • 動物シリーズ(初級)月1セット 税込み 2,420円 送料 0円
  • 鳥シリーズ(中級・上級)月1セット 税込み 1,974円(うち54円はフェリシモ小鳥基金として運用され、基金部分は非課税)送料 0円

実際に体験してみてこの価格はコスパがいいと感じました。

それにフェリシモのキットはとにかく内容が丁寧。

以下詳しくご紹介していきますね。

自分で準備すべき道具がある

フェリシモの羊毛フェルトキットでは、自分自身で準備しなければいけない道具がいくつかあります。

羊毛フェルトをこれからも作っていこうと思うなら、どの道具も必要になりますのであらかじめ準備しておくといいですね。

シリーズごとに準備すべき道具は以下の通りです。

■ 動物シリーズ(初級)

  • ニードル
  • 量り
  • 目打ち
  • 普通の裁縫用針

■ 鳥シリーズ(中級・上級)

  • ニードル
  • 目打ち
  • まち針(なくてもOK)
  • 手芸用ボンド
  • ペンチ
  • 油性ペン(しるしを付けるため)
スポンサーリンク

途中解約ができる(しかも1分で超簡単)

フェリシモの羊毛フェルトは途中解約をすることができます。

私も1回で解約しました。

基本技術をマスターした時点で解約できるのはありがたいですね。

解約方法はとても簡単。1分でできますよ。

この記事の最後に解約方法をご紹介していますので参考にしてみて下さいね。

フェリシモの羊毛フェルトキット【注文から到着まで】

フェリシモの羊毛フェルトキット注文から到着まではとてもシンプルです。

注文の仕方と到着までの日数を見てみましょう。

注文の仕方

フェリシモの公式サイトから簡単に注文することができます。

作りたいコースを選択し、ショッピングバッグに入れます。

フェリシモの注文画面

あとは支払方法を選択して入金したら完了です。

私は動物シリーズ(初級)と鳥シリーズ(中級・上級)のどちらも作ってみたかったので両方注文しました♡

到着までの日数

注文はとても簡単だったのですが、注文完了後に出た確認画面に「お届けまで3~4週間お待ちください。」と書かれていたので驚きました。

フェリシモの注文画面

3~4週間は長すぎますよね。

しかし品ぞろえによって発送日数が変わるとのこと。

3~4週間か…とがっかりしましたが、私の場合は1週間足らずで届きましたよ♡

品ぞろえによるため、メールに書かれている発送日数は長めに設定されているようです。

羊毛フェルトキットは大きな段ボールで届きました。

フェリシモの箱

箱を開けるとこんな感じ。

フェリシモの箱

初級と中級・上級の2つのシリーズを注文したのでセットが2つ入っていましたよ。

フェリシモの箱

箱の底にはフェリシモのカタログが数冊入っています。

羊毛フェルトだけではなく他のコースを見るのも楽しいですよね。

ついつい時間を忘れて見入ってしまいます♡

フェリシモの箱

動物シリーズ(初級)の実作レビュー

いよいよ作品作りに挑戦です。

まずは動物シリーズ(初級)のネコを作ってみました。

仕上がりはこんな感じになります。

何とも可愛らしい表情ですよね♡

フェリシモの羊毛フェルトのネコとボール

できあがりサイズの目安は、ボール直径約2㎝、丸型ネコのマスコット直径約3㎝、肉球のマスコット直径約2.5㎝、たまご型ネコのオブジェ縦約4㎝、横約3.7㎝です。

制作時間の目安は、羊毛フェルト経験にもよりますが、全てを作り終わるまでに約6時間といったところでしょうか。

スポンサーリンク

動物シリーズ(初級)の中身

大きめの袋に動物シリーズ(初級)の材料と説明書が一式入っています。

フェリシモの羊毛フェルトのネコキット

裏返すとこんな感じです。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料

袋を開けてみました。

材料と説明書(両面あり)が入っています。

初回はどなたもネコのチャームのキットです。

フェリシモの羊毛フェルトのネコキット

【練習】フェルトボール作りをしよう

動物(初級)シリーズでは、ネコを作る前にフェルトボールを作る練習ができました。

2色の羊毛フェルトが入っています。

フェリシモの羊毛フェルトのボール

まずは自前のニードルで刺してみます。

セットに入っていたフェルティングマットが薄くてやや硬めなのが気になるところ。

もしすでにフェルティングマットをお持ちなら、使い慣れているご自身のものを使ってみて下さいね。

フェリシモの羊毛フェルトのボールを作るところ

説明書どおりくるくると羊毛フェルトを巻きます。

フェリシモの羊毛フェルトのボールを作るところ

ぎゅっと丸めた羊毛フェルトをチクチクと刺して丸い形にしていきます。

羊毛フェルトの質はかなりいいですね。

とても刺しやすく初心者の方でもキレイな丸ができますよ。

フェリシモの羊毛フェルトのボールを作るところ

説明書には実物大というイラストが書かれているので、イラストに合わせながら正確に作っていくことができます。

フェリシモの羊毛フェルトのボールを作るところ

フェルトボールを4つ作りました。

羊毛フェルトが全く初めての方でも説明書どおりに刺せば、写真のように作ることができますのでご安心くださいね♡

フェリシモの羊毛フェルトのボールが出来たところ

ネコの羊毛フェルトを準備する

セットに入っている羊毛フェルトをパーツ別に取り分けます。

今回は自前の定規で測りましたが、説明書に定規のイラストがついているので定規がなくてもOKです。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの材料を準備するところ

説明書どおりのサイズに色ごとに切り分けます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの材料を準備するところ

中綿を説明書のとおり、量りで取り分けます。

2.5gと書かれていましたが、自前の量りが細かく量れなかったので大体です笑。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの材料を準備するところ

こんな感じでネコの材料が準備できました。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの材料を準備するところ

ネコの土台を作る

まずは中綿でネコの土台を作ります。

くるくると端から巻いていきます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコを作るところ

ぎゅっと丸めた中綿を均一に刺します。

中綿もとても刺しやすく初心者の方でも簡単に丸くなっていきます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコを作るところ

丸い土台ができたら、白い羊毛フェルトを薄く取って全体にかぶせて刺し付けます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコを作るところ

表面だけを優しく刺します。

くるくると本体を回しながら刺すと全体がキレイに整ってきます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコを作るところ

ネコのマズルと鼻を作る

次はネコのマズルと鼻を作ります。

ネコの鼻の下のふくらみをマズルって言うんですね。知りませんでした笑

白い羊毛フェルトを小さく丸めます。

説明書の実物大イラストに合わせながら大きさを揃えます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコのマズルを作るところ

2つのマズルを刺し付けたらピンクの小さな鼻を刺し付けます。

説明書には頭頂部から〇cm、サイドから〇cmと細かく場所が指定されているので、かなり正確に作れますよ。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの鼻を作るところ
スポンサーリンク

ネコの模様を作る

次はネコの模様を付けていきます。

グレーの羊毛フェルトを薄く取ってかぶせながら刺し付けます。

こちらも説明書に刺し付け位置の詳しいガイドが載っています。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの模様を作るところ

ネコの目と耳を作る

次はネコの目と耳です。

自前の目打ちで指定された場所に穴を開けて、さし目の先に手芸用ボンドを付けて差し込みます。

とても可愛らしいですね♡

フェリシモの羊毛フェルトのネコの目を作るところ

三角の耳を2つ付けます。

耳の形も説明書の実物大イラストに合わせて作るので簡単でした。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの耳を作るところ

ネコのひげを作る

次はひげです。

こより状にした茶色の羊毛フェルトを端から丁寧に刺し付けます。

完成に近づいてワクワクしてきますね。

ネコちゃんがこっちを見ています♡

フェリシモの羊毛フェルトのネコのヒゲを作るところ

チャームを付ける

最後はチャームを付けます。

テグスがキットに入っているので、自前の針で指定された位置に通します。

フェリシモの羊毛フェルトのネコに丸カンを付けるところ

キットの中の二重カンをテグスを通して付けます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコに丸カンを付けるところ

指定された位置に針を出して、玉留めをします。

フェリシモの羊毛フェルトのネコに丸カンを付けるところ

最後はキットに入っているボールチェーンを通します。

フェリシモの羊毛フェルトのネコにチェーンを付けるところ

動物シリーズ(初級)ネコの完成

羊毛フェルトのネコのチャームが完成しました!

とても可愛らしいですよね♡

パーツの取り付け位置がかなり細かく指示されているので、指示どおりに作ればどなたでも写真のようなネコが作れます。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの完成

同様に説明書どおりに肉球も作りました♡

フェリシモの羊毛フェルトのネコと肉球の完成

たまご型ネコのオブジェも作りましたよ♡

1つのキットでこんなにたくさん作れるのは嬉しいですね。

フェリシモの羊毛フェルトのネコ

後ろ姿はこんな感じです。

フェリシモの羊毛フェルトのネコの後ろ側

キットには羊毛フェルトが多めに準備されているので、作品を作った後に残った羊毛フェルトがこんなにありました!

嬉しいことにもう1つ作れちゃいそうですよね。

コスパ最強です♡

フェリシモの羊毛フェルトのネコの余り

\動物シリーズ(初級)で基礎を学ぶ/

フェリシモ おはなしが聞こえてきそう ニードルフェルトで作る動物たち「はじめてさんのきほんのき」の会

スポンサーリンク

鳥シリーズ(中級・上級)の実作レビュー

次は鳥シリーズ(中級・上級)のコザクラインコを作ってみました。

仕上がりはこんな感じです。

工程は多く時間がかかりますが、説明書どおりに作ればどなたでも写真のようなコザクラインコが作れますよ。

可愛らしいし、羊毛フェルトのあたたかみが出ていますよね♡

フェリシモの羊毛フェルトの鳥

できあがりサイズの目安は、全長約7㎝、横4㎝、制作時間の目安は1セット約6時間となっています。

鳥シリーズ(中級・上級)の中身

鳥シリーズはこんな感じで袋に入っています。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料

裏側はこんな感じ。

フェリシモの羊毛フェルトのネコキット

袋を開けてみると中には鳥シリーズ(中級・上級)の説明書と材料が入っています。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料

鳥の羊毛フェルトを準備する

説明書のとおりに羊毛フェルトのサイズを測りながら取り分けます。

イラストの定規が説明書に書かれているので、自前の定規を準備しなくてもOKです。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料を準備するところ

全ての色を取り分けました。

これだけきっちりと分けられていると作業がしやすいですね。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料を準備するところ

色を混ぜて新しい色を作ります。

羊毛フェルトの質がいいので、繊維が細かくほぐれます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料を準備するところ

均一に混ぜてみました。

とてもキレイなモスグリーンができましたね。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料を準備するところ

今度はこちらの3色を混合してみます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料を準備するところ

手で割くようにしながら混ぜていきます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料を準備するところ

色が混ざったら、さらに取り分けます。

この色を見るだけでとてもキレイな鳥ができそうな予感がしますよね。

深みが出ています。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の材料を準備するところ

鳥の土台を作る

羊毛フェルトの準備ができたら土台を作っていきましょう。

まずは中綿を丸めて刺します。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

指で押さえて立方体にします。

中綿がすぐに形状記憶してくれるので簡単に立方体になりました。

これが頭の部分になります。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

次は胴体です。

中綿をぐるぐると巻いていきます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

説明書どおりに刺して鳥の体らしく作っていきます。

説明書には実物大イラストや、正面から見たところ、上から見たところ、横から見たところなど、あらゆる角度から見た形の詳しい説明がありますので心配しないでくださいね。

丁寧に刺していきましょう♡

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

頭と胴体を合体させます。

取れてしまわないように色んな角度から深く刺し付けます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

顔の中心に油性ペンで印を付けます。

この印があることで、色々なパーツが正確に取り付けられるようになります。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

頭と胴体の境目に中綿を追加してなだらかにしていきます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

胸の部分にも丸みを付けます。

段々と鳥らしくなってきましたね。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の本体を作るところ

鳥の模様とパーツを付ける

土台ができたら模様を付けていきます。

説明書どおりに少しずつ丁寧に色を付けていきますよ。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の模様を作るところ

くちばしも付けました。

こちらも説明書に現物大のイラストがありますので、合わせながら正確なサイズで作ります。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥のくちばしを作るところ

次は目です。

目の距離を測りながらまち針で仮留めをします。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の目を作るところ

まち針を抜いたあと、目打ちでさらに深く穴を開けます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の目を作るところ

さし目の先にボンドを付けて深く差し込みます。

何とあどけない表情でしょう♡

これだけですでに可愛いですよね♡♡

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の目を作るところ

続いて、説明書の順番で少しずつ模様を追加していきます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の模様を作るところ
スポンサーリンク

鳥の尾を作る

次は鳥の尾を作ります。

実物大のイラストに合わせながら正確なサイズで作ります。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の尾を作るところ

尾ができたら、お尻の部分に深く刺し付けます。

取り付ける位置や角度なども詳しく説明書に書かれていますよ。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の尾を作るところ

残りの模様を付ける

残りの模様を付けていきます。

1色じゃないのが楽しいですよね。

すき間を埋め込むように丁寧に刺します。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の模様を作るところ

境目が自然になるように上から羊毛フェルトを薄く刺し付けます。

羊毛フェルトの質がいいので、とても自然に馴染みます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の模様を作るところ

鳥の羽を作る

次は羽です。

混色した羊毛フェルトを羽の形にあらかじめ作っておきます。

こちらも説明書に型がありますので合わせながら作ってください。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の羽を作るところ

2つの羽ができました。

深みがあってキレイですね♡

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の羽を作るところ

両サイドに深く刺し付けてください。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の羽が出来たところ

鳥の本体の完成

鳥の本体が完成しました!

色合いがとてもキレイですね。

完成までもう少しです。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の羽が出来たところ

鳥の足を作る

最後は鳥の足を作ります。

ワイヤーを使うところが中級・上級という感じがしますね。

キットに入っているワイヤーを説明書のとおりに曲げます。

ペンチで折り曲げると形が取りやすくなります。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

こんな感じです。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

すき間がなくなるようにペンチでさらにぎゅっとつぶしてください。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

鳥の足が2本できました。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

手芸用ボンドをワイヤーにつけておき、グレーの羊毛フェルトをくるくると巻きつけていきます。

やや毛羽立ちが出ますがしっかりと巻き付けてくださいね♡

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

全体に巻き付けて足を直角にします。

しっかり立っていて感動しました♡

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

ワイヤーの足に肉付けをします。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

説明書を見ながら正確な位置に目打ちで穴を深く開けます。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ

ボンドを付けて足を差し込みます。

爪の先をペンチで軽く折り曲げましょう。

ちょっと爪が曲がっているだけでとてもリアルになりましたね。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の足を作るところ
スポンサーリンク

鳥シリーズ(中級・上級)の完成

鮮やかな色合いの鳥が完成しました!

とても可愛らしいですよね♡

説明書どおり忠実に作れば、どなたでも写真のような鳥を作ることができます。

羊毛フェルトの優しい風合いも出ています。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の完成

後ろ姿はこんな感じです。

羊毛フェルトの質がいいので、表面がさらっと上品に仕上がりました。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の完成

また、キットには多めに羊毛フェルトが入っているので、1羽の鳥を作った後にもこんなに余りがありました。

小さい鳥ならもう1羽作れますね。

フェリシモの羊毛フェルトの鳥の余り

\鳥シリーズ(中級・上級)にトライしてみる/

フェリシモ クチュリエ×小鳥部 ちょこんとおそばに 羊毛フェルトで作る愛らしい小鳥たちの会

フェリシモの羊毛フェルトのネット上の口コミ

フェリシモの羊毛フェルトのネット上での口コミを見てみましょう。

かんたんに作れてかなり可愛いです。より本物そっくりにしたい時は、実物の鳥や、写真などを見ながら作るとバランスがうまくできます。

何羽か作っているうちにコツがつかめてきます。

Yahoo!知恵袋より

中には難しい…という方もいましたが、それぞれの作品に味があって可愛らしいですよね♡

皆さんの作品に見入っちゃいました。

フェリシモの羊毛フェルトキットのメリット

私自身がフェリシモの羊毛フェルトを実際に作って感じたメリットは以下の通りです。

  • 説明書が丁寧で分かりやすい
  • かなり正確に作れる
  • 羊毛フェルトの質がよく刺しやすい
  • コスパが良い
  • 羊毛フェルトが多めに入っているため作品が追加で作れる

詳しく見ていきます。

説明書が丁寧で分かりやすい

まず、説明書がとても丁寧で分かりやすいです。

フェルティングの基礎テクニックの解説が別で付いているので、羊毛フェルトが全く初めての方でも基礎からしっかりと学ぶことができます。

かなり正確に作れる

説明書には「ここから〇cm、ここから〇cm」と細かく記載されています。

色々な角度から見た制作過程を画像とともに説明してくれるので、説明書に忠実に作れば、かなり正確にお手本どおりに作れます。

スポンサーリンク

羊毛フェルトの質がよく刺しやすい

フェリシモの羊毛フェルトの質はかなりいいと感じました。

羊毛フェルトはメーカーによって質がバラバラなので、質が悪いものは刺しにくく作品のクオリティも下がってしまいます。

フェリシモの羊毛フェルトはキメが細かく、割いたり混ぜたりしやすい上、初心者の方でも刺しやすく形が作りやすいですね。

作品に羊毛フェルトの柔らかい風合いが出て、とても素敵な作品になること間違いなしです。

コスパが良い

フェリシモの羊毛フェルトキットはコスパがいいです。

キットに入っている色数の羊毛フェルトを自分で揃えたらこの価格では収まりません。

それに説明書がとても丁寧でレッスンに通うレベルで学べます。

送料も無料だし嬉しいことだらけですね♡

羊毛フェルトが多めに入っているので作品が追加で作れる

フェリシモのキットの中には、羊毛フェルトが多めに入っています。

驚くほどたくさん余りましたよ笑

キットで基礎力を身につけて、余った羊毛フェルトでさらに何か作ってみてもいいですね。

フェリシモの羊毛フェルトキットのデメリット

私が感じたフェリシモの羊毛フェルトキットのデメリットは以下の通りです。

  • 自分で準備すべき道具がある
  • 工程が細かいので時間がかかる
  • フェルティングマットが硬い
  • 届く順番を選べない

それぞれ見ていきましょう。

自分で準備すべき道具がある

フェリシモの羊毛フェルトキットにはニードルが入っていません。

そのためニードルは自分で準備する必要があります。

私はいつもクロバーのフェルトパンチャー(マット付き)を使っています。

柄もついていて持ちやすく疲れないのでおすすめです。

また、目打ちやボンドなど細かい道具を準備する必要があります。

スポンサーリンク

工程が細かいので時間がかかる

フェリシモの羊毛フェルトは、工程が細かいので時間がかかります。

かなり正確に作れますが、根気の続かない方は動物シリーズ(初級)をおすすめします。

1ヶ月に1回の定期便なので、ゆっくりと時間をかけながら少しずつ作業を進めるといいですね。

フェルティングマットが硬い

キットに入っているフェルティングマットは薄くて硬いです。

マットが硬いと、マットにニードルが強く当たってしまい先が折れてしまうことがあるので注意が必要です。

クロバーのフェルトパンチャー(マット付き)ならニードルとマットの両方が揃います。

届く順番を選べない

フェリシモの羊毛フェルトは届く順番を選べません。

羊毛フェルトの技術が少しずつ上がるようにフェリシモ側で考えられた順番なので、毎月届くモチーフを楽しみにするといいですね♡

フェリシモの羊毛フェルトキットをおすすめする人しない人

フェリシモの羊毛フェルトをおすすめする人とおすすめしない人をそれぞれご紹介します。

おすすめする人

おすすめする人は以下の通りです。

  • 羊毛フェルトを基礎からしっかり学びたい人
  • 時間をかけて作業することが好きな人
  • 可愛いものが好きな人
  • 月1回の定期便を待てる人

おすすめしない人

おすすめしない人は以下の通りです。

  • 自分で自由に作品を作りたい人
  • 根気のいる作業が苦手な人
  • 月1回の定期便が待てない人

フェリシモの羊毛フェルトキットは月1回の定期便を簡単に解約することができます。

私も1ヶ月で解約しましたので、技術も習得できたしいいかなという時点で解約するのもありですね。

解約は、次月ご注文フォームから数量欄を0にするだけです。たったの1分でできます。

ただし注文の締切日があるので、次月ご注文フォームで締切日を必ず確認してくださいね。

フェリシモの解約画面

「注文をキャンセルする」をクリックします。

フェリシモの解約画面

フェリシモから注文取消しのメールが届くと手続き完了です。

フェリシモの解約画面

フェリシモの羊毛フェルトキットの解約方法(1分で超簡単)

フェリシモの羊毛フェルトキット完成

フェリシモの羊毛フェルトキットは基本技術を身につけるには最適なキットでした。

とても素敵な作品ができてとても嬉しくなりました♡

フェリシモの羊毛フェルトキットの詳細は以下のとおりです。

  • 毎月1回送られてきて全6回で完結
  • 動物シリーズ(初級)と鳥シリーズ(中級・上級)が選べる
  • 自分で準備すべき道具がある
  • 途中解約ができる(しかも1分で超簡単)

また、価格はそれぞれ以下のとおりです。

  • 動物シリーズ(初級)月1セット 税込み 2,420円 送料 0円
  • 鳥シリーズ(中級・上級)月1セット 税込み 1,974円(うち54円はフェリシモ小鳥基金として運用され、基金部分は非課税)送料 0円

羊毛フェルト作りに自信のない方は動物シリーズ(初級)を、羊毛フェルト作りには慣れているけどもう少しスキルアップしたいという方は鳥シリーズ(中級・上級)がおすすめです。

説明書は親切に書かれているので、説明書どおりに丁寧に作れば、お手本通りに作れます

しかもコスパは最強

工程が細かくて作るのに少々時間はかかりますが、月1回の定期便としてゆっくり作品作りを楽しんでみて下さいね♡

また、いつでも簡単に1分で解約ができるのも気楽に取り組めていいなと思いました。

ただし注文締切日があるので、次月ご注文フォームで必ず確認してくださいね。

\動物シリーズ(初級)で基礎を学ぶ/

フェリシモ おはなしが聞こえてきそう ニードルフェルトで作る動物たち「はじめてさんのきほんのき」の会

\鳥シリーズ(中級・上級)にトライしてみる/

フェリシモ クチュリエ×小鳥部 ちょこんとおそばに 羊毛フェルトで作る愛らしい小鳥たちの会

この記事が皆さんの参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。