ハマナカの羊毛フェルトニードルを使ってみた【ダイソーニードルとの比較あり】

くまアイコン
困っている人
ハマナカの羊毛フェルトニードルって使ったことないけどどうなのかな。
教える人
フェルトママ
私もハマナカの羊毛フェルトニードルを使っているのよ。その使い心地をレビューしてみるわね。
くまアイコン
困っている人
でもダイソーのニードルでも十分使えるよ。
教える人
フェルトママ
もちろんそうね。ではハマナカとダイソーの比較も説明していくわね。
私はつい最近までダイソーのニードルを使って作品作りをしていました。
2年ぐらいはダイソーニードルを使っていましたよ。
初心者の方にはコスパ最強のダイソースターターセットの記事がありますのでぜひ見てみて下さい。
\ ダイソースターターセットの記事を見てみる /
関連記事

困っている人ダイソーの羊毛フェルトのキットって簡単なのかな。フェルトママ羊毛フェルトキットは色々な種類が出ているわよね。実際に1つ作ってみたから紹介するわね。ダイソーと言えば大[…]

ダイソーの羊毛フェルトのキットを作ってみた
ダイソーニードルでも十分作品作りを楽しんできましたが、有名どころのハマナカのニードルを一度使って繊細な作品を作りたいと思うようになりました。
この記事ではハマナカのニードルの使い心地や、ダイソーニードルとの比較が分かります。
私は朝活で羊毛フェルトを作るほどの羊毛フェルト好きで、今まで作った作品は数え切れません。
ダイソーニードルを卒業してハマナカを使ってみたいという方のお役に立てればと思い、この記事を書いています。
スポンサーリンク

ハマナカの羊毛フェルトニードルとは【 種類・材質・価格など 】

ハマナカの羊毛フェルトニードルについて説明します。

種類【 レギュラーと極細 】

ハマナカのニードルにはいくつか種類があります。

ハマナカニードル一覧

ハマナカニードル一覧

※画像はハマナカ公式サイトより

 

主に使うのはレギュラーと極細です。

レギュラーはある程度の大きさの作品、極細は表面の仕上げや細かいパーツなどに使います。

 

柄付きのものと、ニードルだけのものがあります。

柄付きのものは持ちやすいですが、ニードル交換ができません。

材質・サイズ

材質やサイズは以下のようになっています。

■材質

柄:MC樹脂またはポリプロピレン

針:鉄

針先:メッキ仕上げ

キャップ:塩ビ

 

■サイズ

レギュラー:長さ約9㎝

極細:長さ約7.5㎝

 

他にフェルティング用ニードルグリップや、ニードルホルダー、ニードルケース、フェルティングニードル基本セット( ハンドニードル1本、ニードル1本、マット1枚、テキスト )などの販売もあります。

価格( 公式サイトより )

ハマナカ公式サイトより各商品の価格は以下のようになっています。

フェルティング用ニードルホルダー 品番:H441-032

1袋 620円( 税別 )

\ 他サイトで見てみる /

フェルティング用ハンドニードル( 1本柄付タイプ ) 品番:H441-017

1セット 480円( 税別 )

\ 他サイトで見てみる /

フェルティング用ハンドニードル( 3本並列タイプ ) 品番:441-013

1袋 890円( 税別 )

\ 他サイトで見てみる /

フェルティングニードル基本セット 品番441-012

1セット1,200円( 税別 )

\ 他サイトで見てみる /

フェルトワーク ニードルケース 品番441-044

1個 380円( 税別 )

\ 他サイトで見てみる /

口コミ&レビュー

実際にハマナカのニードルを使った人の口コミやレビューを見てみましょう。

口コミ

Sさん

仕上げに最適です。

かゆいところに手の届くとはこのことでしょうか?

細かいところにこだわる方は使ってみれば納得ですよ。


Aさん

100均などにもありますが、やっぱりここのものが使いやすいです。

錆も来ないし、ぎゅっと固めたい場所にもいいです。

口コミは全体的に良さそうです。

私と同様100均のニードルからハマナカのニードルに変えた方もちらほらいますね。

スポンサーリンク

ハマナカの羊毛フェルトニードルを実際に使ってみた【 極上の使い心地 】

ハマナカの羊毛フェルトニードルを実際に使ってみました。

持ち心地

柄付きのレギュラーニードルは、柄なしのものより長さがあるので言うまでもなく持ちやすいです。

表現が難しいですが、作るときに余裕が出る感じかな。

ニードル柄つきを持ったところ

また極細タイプはダイソーのニードルと長さはほぼ同じですが、極細な分軽いです。

ニードル極細を持ったところ

細かい作業がしやすい感じがしました。

ちなみにダイソーにはレギュラータイプしかありません。

刺し心地

刺し心地はとってもいいですね^^

ニードルの刺し心地を確認するところ

刺しやすい分、ストレスが全くありません。

羊毛フェルトへの引っかかりがほとんどなく、気持ちよく刺し続けられます。

 

別記事にてニードルの持ち方と刺し方を詳しく書いていますので、合わせて読んでいただくとより役立ちます。

\ ニードルの持ち方と刺し方を詳しく見る /

関連記事

困っている人羊毛フェルトのニードルは、どうやって刺せばきれいに作品を作れるのかな。フェルトママ人それぞれなんだけど、一般的に正しいと言われる持ち方と刺し方を説明するわね。困[…]

羊毛フェルトニードルの持ち方と刺し方

作品の仕上がり

表面をなめらかにしたりパーツをつけるがとても楽で、作品のクオリティは格段に上がります。

りんごの羊毛フェルトを刺すところ

つけるのが難しい細かいパーツも、ハマナカのニードルなら簡単につけられます。

本当に感動するレベルです。

 

別記事にて作品の仕上げ方記事を詳しく書いていますので興味のある方は読んでみて下さい。

\ 作品の仕上げ方について詳しく見てみる /

関連記事

困っている人羊毛フェルト作品がボサボサになってしまうよ。フェルトママボサボサになるのはよくあることね。スプレーを使ってみてはどうかしら。困っている人おすすめのスプレーはある?フェルトママ[…]

ハマナカニードルとダイソーニードルの比較【 あと数百円出せるなら断然ハマナカ 】

約2年間ダイソーのニードルで作品を作ってきた私が、ハマナカのニードルを使ってその使い心地を比較してみました。

どちらも新品を使って比較しています。

スポンサーリンク

針の見た目と返し

ハマナカとダイソーのニードル比較

ダイソーのニードルの材質はスチールとなっていました。

ダイソーは黒っぽく、ハマナカは銀色です。

羊毛フェルトに刺したときにフェルトを絡まさせる針先の返しのギザギザ部分は、ハマナカとダイソーともに6つでした。

持ち心地

ダイソーニードルよりもハマナカニードルの方がつるつるとしています。

ダイソーの方が表面の滑りが悪い分、手の中に納まりやすい気がしました。

刺し心地

刺し心地は断然ハマナカがいいですね^^

 

ダイソーニードルは力を入れないとフェルトの中まで針が入りません。

自然と深く入り硬くなってしまう上、作品が小さくなります。

また、針の先のギザギザの部分にフェルトの中の繊維が一緒にくっついてきて毛羽立ちが多く起こります。

 

一方、ハマナカのニードルは羊毛フェルトに引っかかる感じがありません。

ダイソーのニードルでは形が作りにくい小さいパーツも、ハマナカのニードルならすぐに作ることが出来ます。

また細かいパーツもハマナカのニードルなら難なく付けられます。

作業時間

今回リンゴを作りましたが、作業時間はハマナカ20分、ダイソー22分でした。

作業時間にはあまり差がなかったです。

作品の仕上がり

今回質感の出やすい赤の羊毛を使ってリンゴを作ってみました。

羊毛フェルト作品の仕上がり比較

仕上がりのクオリティは断然ハマナカが高いです。

表面のぼこぼこも出にくくなめらかで、何より細かいパーツをきれいに作ることが出来ます。

ダイソーのニードルではどうしても難しかったパーツの取り付けが、ハマナカのニードルでは難なく付けられます。

 

一方ダイソーニードルで作った方は、表面がやや粗いですね。

またサイズも小さくなってしまいました。

パーツのクオリティも低いですね。。

 

ハマナカニードルを使えば、初心者によくある失敗も起こらなくなるかもしれません。

こちらも合わせて読んでいただくとより役立ちます。

\ 羊毛フェルト失敗例と解決方法 /

関連記事

困っている人羊毛フェルトを始めたんだけど、なかなかうまくいかないんだよね。フェルトママそうね。初めての人は同じような失敗をするのよ。私も最初はそうだったわ。困っている人そうなんだ~。いびつな形になったり、毛[…]

【羊毛フェルト失敗例と解決方法】なぜ初心者は失敗するの?

\ 羊毛フェルトの表面がでこぼこにならないテクニック /

関連記事

困っている人羊毛フェルトの表面がでこぼこになってしまうよ。フェルトママ最初は誰でもでこぼこになってしまうのよ。でも簡単なテクニックを6つ使えばなめらかに作れるわ。困っている[…]

羊毛フェルトの表面がでこぼこにならないテクニックはこの6つ

【結論】ハマナカの羊毛フェルトニードルはめちゃくちゃ使いやすい

羊毛フェルト作品を作り始めて約2年、ずっとダイソーのニードルでやってきました。

ダイソーニードルの使い心地が手に染みついている感じでしたね( 笑 )

 

ハマナカの羊毛フェルトニードルを使うようになってからは、いかにハマナカのニードルが使いやすいのかということを痛感しました。

何より作品のクオリティが上がります。

表面を簡単になめらかにでき、細かいパーツをきれいに作ることが出来ます。

 

テクニックに自信がない方は、簡単に作業が出来るニードルがおすすめです。

もちろんハマナカニードルもおすすめに入っています。

簡単に作業が出来るニードルに興味がある人は別記事の羊毛フェルトニードルおすすめ記事をご覧ください。(クリックで読めます)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。