羊毛フェルトのウサギの作り方

困っている人
羊毛フェルトでウサギを作ってみたいな~
フェルトママ
羊毛フェルトのウサギね。ぜひ作ってみましょう。
困っている人
でも耳とか難しそうだな。
フェルトママ
大丈夫よ。今回はウールキャンディという羊毛で作ってみましょう。とっても作りやすいのよ。
羊毛フェルト作品で人気の一つにウサギがあります。
作ってみたいけど難しそうだな~と感じる方はいませんか?
羊毛フェルトの工程で一番難しく感じるのがパーツの取り付けですが、今回使うハマナカのウールキャンディを使えば驚くほど簡単にきれいに出来てしまいます。
しかも羊毛の風合いが出て素敵な作品になるんですよ^^
羊毛のウサギ
この記事では、羊毛フェルトのウサギの簡単な作り方が分かります。
スポンサーリンク

ウサギの材料と準備するもの

準備するものは以下になります。

今回は全てハマナカのウールキャンディを使っています。

材料

  • グレーとベージュ、ピンク、白の羊毛各適量ずつ( 今回はハマナカのウールキャンディ 色は好みでOKです )
  • さし目2個( 黒の羊毛で作ってもOKです )
  • 目打ち
  • ボンド
  • 先の細いハサミ

では早速作っていきましょう。

ウサギの顔を作る

まずはウサギの顔を作ります。

グレーの羊毛を適量取り、丸めて刺し固めます。

今回はハマナカのウールキャンディを使ったので、とってもまとめやすかったですよ。

羊毛

ここまでで刺すのが難しかった方はいますか?

テクニックに自信がない方は、簡単に作業が出来るニードルがおすすめです。

簡単に作業が出来るニードルに興味がある人は別記事の羊毛フェルトニードルおすすめ記事をご覧ください。(クリックで読めます)

ウサギの耳を作る

次はウサギの耳を作ります。

同じ量の羊毛を二つ作ります。

羊毛

刺していきます。

ハマナカのウールキャンディはとても柔らかいので、すぐに作りたい形に出来ますよ。

羊毛

耳の内側も立体感を付けるように刺しましょう。

回数を多く刺すと、へこみが出来てきますので好みの深さまで刺してください。

羊毛

耳の内側にベージュの羊毛を乗せて刺します。

裏まで貫通してしまうので、あまり深く刺さなくてOKです。

羊毛

耳が二つ出来ました。

耳を顔に付けるときに必要なので、接着面側はぼわぼわっとしたところを残しておいてくださいね。

羊毛

顔に耳を乗せて、ぼわぼわっとしたところを刺しこんでいきます。

ウールキャンディは本当に柔らかいので、初心者さんでもきれいに耳が付けられます。

羊毛

両耳付けてバランスよく整えます。

耳の長さを短くしても可愛いですね^^

羊毛

パーツの付け方については別記事にて詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

\ パーツの付け方について詳しく見てみる /

関連記事

困っている人羊毛フェルトのパーツがをれいに作る方法を知りたいな。フェルトママ私もなかなか上手に出来なかったのよ。困っている人そうなんだ。あと、パーツを上手にくっつけたい[…]

羊毛フェルトパーツの作り方と付け方

 

ウサギの鼻と口を作る

次は鼻と口を作りましょう。

顔の前面に羊毛を少し足して立体感をつけるといいですね。

付けたした羊毛の境目を目立たないよう馴染ませておきます。

羊毛

ニードルで線状に刺しこんで鼻と口に線を入れましょう。

端から順番に刺していくと線が描けますよ。

羊毛

線が描けたら、薄いピンクの羊毛を適量取ってこより状にします。

羊毛

先ほど描いた線の上に、こより状の羊毛を刺しつけていきましょう。

羊毛

きれいに付けられました。

羊毛

細い線の付け方も別記事にて詳しく書いていますので、そちらも参考にしてみて下さい。

\ 細い線の付け方を見てみる /

関連記事

困っている人羊毛フェルトの細い線を付けるのって本当に難しいよ。フェルトママそうね。この線がうまく付けられるかどうかで作品のクオリティが決まるぐらいよ。困っている人不器用[…]

羊毛フェルトの細い線を付ける3つのコツ

 

ウサギの目を作る

最後は目を作ります。

今回はさし目を使いますので、目打ちでバランスを見ながら可愛く見える場所に穴を開けます。

羊毛

棒の部分にボンドを付けて刺しこむと外れません。

羊毛

さし目が付きました。

羊毛

目の周りに白目を付けましょう。

こちらもややこより状にしながら刺しこんでいくと、自然に付けられます。

羊毛

ちなみに私はメルカリでさし目を買いました。

メルカリ画像

色々なサイズが入って120個で送料込みで429円なんですよ。

かなりお得ですよね。

 

今回はウサギの顔4㎝に対して直径5㎜サイズを使いました。

お好みで選んでくださいね。

さし目は手芸店やネットでも購入していただけます。

色々なサイズを揃えておくと、作品に応じてその都度選べて便利です。

 

最後の仕上げをする

作品が出来上がったら最後の仕上げをします。

毛羽立ちは先の細いハサミでカット、ニードルによる穴が作品の表面に見えたら指でなでつけて目立たなくさせます。

最後の仕上げ方も詳しい別記事がありますので参考にしてみてください。

\ 最後の仕上げ方を見てみる /

関連記事

困っている人羊毛フェルト作品がボサボサになってしまうよ。フェルトママボサボサになるのはよくあることね。スプレーを使ってみてはどうかしら。困っている人どんなスプレーがいい[…]

 

完成

羊毛フェルトのウサギが完成しました。

ウールキャンディを使ったので、作品に柔らかさが出ていますね。

羊毛のウサギ

 

羊毛フェルトのウサギはウールキャンディを使えば初心者でも簡単に作れる

ウサギに合わせてニンジンも作ってみました^^

いかがでしたか?

羊毛のウサギ

今回は初心者の方にも扱いやすい、ハマナカのウールキャンディを使ってウサギを作ってみました。

手順として、

  1. ウサギの顔を作る
  2. ウサギの耳を作る
  3. ウサギの鼻と口を作る
  4. ウサギの目を作る
  5. 最後の仕上げをする
  6. 完成

でした。

基本の刺し方、パーツの付け方を使えば簡単に作れましたね。

またハマナカのウールキャンディを使ったことで優しい作品となりました。

 

ハマナカのウールキャンディは、手芸店やネットで手に入れることが出来ます。

また今回は、ハマナカのレギュラーニードルと極細ニードルを使いました。

刺し心地がいいので試してみる価値ありです。

ハマナカのニードルについても別記事があります。

\ ハマナカのニードルについて見てみる /

関連記事

困っている人ハマナカの羊毛フェルトニードルって使ったことないけどどうなのかな。フェルトママ私もハマナカの羊毛フェルトニードルを使っているのよ。その使い心地をレビューしてみるわね。[…]

ハマナカの羊毛フェルトニードルを使ってみた【ダイソーニードルとの比較あり】

 

ウサギの他、動物の作り方記事が色々ありますので合わせて見て下さいね♡

今回のこの記事が皆さんの作品作りのお役に立てたらとっても嬉しいです。