羊毛フェルトのリスの作り方

 
困っている人
羊毛フェルトのリスを作りたいな。
 
フェルトママ
羊毛フェルトのリスは一見むずかしそうだけど、骨組みを使うと簡単に作れるのよ。ぜひ作ってみましょう。
 

✔ この記事では羊毛フェルトのリスの作り方が分かります。

羊毛フェルトをチクチクするのが楽しくなる秋がやってきました。

そんな季節におすすめなのが羊毛フェルトのリス。

どんぐりを持たせたらとっても可愛らしいんですよ♡

羊毛フェルトのリス

さっそく作っていきましょう。

スポンサーリンク

羊毛フェルトのリスの材料と道具

羊毛フェルトのリスの材料と道具は以下の通りです。

羊毛フェルトのリスの材料と道具
  • うす茶色、茶色、こげ茶色、ベージュ、白、黒の羊毛フェルト各適量ずつ
  • ニードル
  • フェルティングマット
  • モール1本(テクノロートやワイヤーでもOK)
  • さし目2個
  • 目打ち
  • ボンド

今回はうす茶色、茶色、こげ茶色、ベージュでリスの体を色分けしましたが、準備できる羊毛フェルトの色に合わせて自由にアレンジしてくださいね。

羊毛フェルトのリスの顔を作る

リスの顔のベースと耳を作りましょう。

リスの顔のベースを作る

うす茶色の羊毛フェルトを適量取って丸めます。

最初は深く刺し固め、大体の形が出来たら表面を浅く刺して整えます。

くるくると回しながら刺すと全体を均一に刺すことが出来ますよ。

羊毛フェルトのリスの顔を作るところ

リスの耳を作る

うす茶色の羊毛フェルトを小さく2つ取り、軽く刺しておきます。

耳の根元側にぼわぼわを残しておくと顔のベースに刺し付けやすくなりますよ。

ぼわぼわが作れない場合は指で引っ張るとうまく出てきます。

羊毛フェルトのリスの耳を作るところ

耳の根元部分のぼわぼわを顔に深く差し込むように刺しつけます。

取れないようにしっかりと深く刺しましょう。

羊毛フェルトのリスの耳を作るところ

耳が2つ付いたら、耳の内側の白い部分を付けます。

白い羊毛フェルトを小さく丸め、境目をはっきりさせるように刺しつけるときれいな形になります。

羊毛フェルトのリスの耳を作るところ

羊毛フェルトのリスの耳が付きました。

くまのようにも見えますが、他のパーツを付けるとちゃんとリスになりますので安心してくださいね♡

羊毛フェルトのリスの耳が出来たところ

羊毛フェルトのリスの体を作る

次はリスの体のベースとしっぽ、手を作りましょう。

スポンサーリンク

リスの体のベースを作る

うす茶色の羊毛フェルトを適量取り、体のベースを作ります。

ハート型をイメージするといいですね♡

顔に付ける側は、先ほどと同様にぼわぼわを残しておくと付けやすくなります。

羊毛フェルトのリスの体を作るところ

ぼわぼわの部分を顔に深く刺しつけます。

取れないようにしっかりと差し込むように刺しましょう。

色々な角度から刺してしっかり固定してくださいね。

羊毛フェルトのリスの体を作るところ

リスのしっぽを作る

次はリスのトレードマークであるしっぽを作ります。

今回は100均で買ったモールを使ってしっぽの骨組みを作りました。

骨組みを作ると、自由自在にパーツの形を変えることが出来ます。

モールの代わりにクラフト専用のテクノロートや、ワイヤーをつかってもOKです。

しっぽの長さを決めてモールをカットします。

羊毛フェルトのリスのしっぽを作るところ

リスのしっぽをイメージしてモールを曲げます。

羊毛フェルトのリスのしっぽを作るところ

曲げたモールを厚く覆うように、うす茶色の羊毛フェルトを巻き付けながら刺しつけます。

分厚くするとボリュームが出て可愛らしくなります。

羊毛フェルトのリスのしっぽを作るところ

リスのしっぽが出来ました。

骨組みを使って作ると好きな形にアレンジできていいですね。

ここでも、しっぽの根元にぼわぼわ部分を残しておくと体に付けやすくなります。

羊毛フェルトのリスのしっぽを作るところ

リスのお尻の部分にしっぽを深く刺しつけます。

しっぽの角度はお好みで決めて下さいね。

骨組みのモールが入っているので、リスが出来上がった後でも形を変えることが出来ます。

羊毛フェルトのリスのしっぽを作るところ

リスのしっぽが付きました。

くるんとしていて可愛いですよね♡

羊毛フェルトのリスのしっぽが出来たところ

前から見るとこんな感じです。

羊毛フェルトのリスのしっぽが出来たところ

リスの手を作る

次はリスの手を作ります。

うす茶色の羊毛フェルトを適量取り、手の形に刺し固めます。

このときも根元部分にぼわぼわを残して下さいね。

羊毛フェルトのリスの手を作るところ

体の両サイドにぼわぼわを差し込むように刺しつけます。

羊毛フェルトのリスの手を作るところ

リスの手が付きました。

だんだんとリスらしくなってきてワクワクしますね♡

羊毛フェルトのリスの手がついたところ

羊毛フェルトのリスの模様をつける

次はリスの模様を付けましょう。

茶色の羊毛フェルトを薄く取り、頭頂部から浅く刺していきます。

羊毛フェルトのリスの模様を付けるところ

後頭部まで細長く刺し付けましょう。

羊毛フェルトのリスの模様を付けるところ

しっぽにも同様に模様を付けます。

羊毛フェルトのリスの模様を付けるところ

頭としっぽにリスの模様が付きました。

ムラがないように刺しつけると仕上がりがキレイになります。

羊毛フェルトのリスの模様が付いたところ

羊毛フェルトのリスの顔のパーツを作る

リス本体が出来たら顔のパーツを付けます。

鼻と口は黒の羊毛フェルト、目はさし目を使います。(黒の羊毛フェルトでもOKです)

スポンサーリンク

リスの鼻と口を作る

黒の羊毛フェルトを小さく丸め、顔の中心よりやや下に刺しつけます。

顔の上で形を整えながら刺すとキレイに付けられます。

羊毛フェルトのリスの顔のパーツを作るところ

鼻が付いたら、黒の羊毛フェルトをこより状にして鼻の下に端から丁寧に刺しつけます。

長さは適当なところでカットしてくださいね。

細い線の付け方は、別記事の羊毛フェルトの細い線を付ける3つのコツで詳しく解説していますので合わせてご覧ください。(クリックで見れます)

羊毛フェルトのリスの顔のパーツを作るところ

リスの目を付ける

次はリスの目を付けます。

今回はさし目を使いました。

目を付ける位置を決めたら、目打ちで深く穴を開けます。

深めに開けておくと、さし目の棒を差し込みやすくなります。

羊毛フェルトのリスの目を付けるところ

さし目の棒の先にボンドを付けて固定します。

可愛らしい目が付きましたね。

羊毛フェルトのリスの目が付いたところ

さし目はネットでも購入することが出来ます。

色々なサイズを揃えておくと、作品の大きさに合わせてさし目を選ぶことが出来るので便利ですね。

羊毛フェルトのリスのどんぐりを作る

リスと言えばどんぐり♡

アクセントにどんぐりを持たせてみましょう。

こげ茶色とベージュの羊毛フェルトで小さなどんぐりを作ります。

羊毛フェルトのリスのどんぐりを作るところ

リスが両手で抱えているように刺し付けます。

取れてしまわないよう色々な角度から深く刺し付けましょう。

羊毛フェルトのリスのどんぐりを付けるところ

どんぐりがあるだけで雰囲気がさらに出ましたね♡

羊毛フェルトのリスのどんぐりが付いたところ

羊毛フェルトのリスのほっぺをつける

最後にピンクのほっぺを付けます。

茶系の羊毛フェルトばかりだったので、ピンクがアクセントになってくれますよ。

ピンクの羊毛フェルトを小さく丸く取って顔に刺しつけます。

羊毛フェルトのリスのほっぺを付けるところ

両方のほっぺが付きました。

茶系の羊毛フェルトピンクの羊毛フェルトが合いますね♡

羊毛フェルトのリスのほっぺが付いたところ

羊毛フェルトのリスの完成

どんぐりを持った羊毛フェルトのリスが出来ました!

何とも言えない愛らしさですね♡

羊毛フェルトのリスの完成

羊毛フェルトのリスはモールを使うと簡単に作れる

羊毛フェルトのリスの作り方をご紹介しました。

しっぽの部分に骨組みとしてモールを使ったのでとても作りやすかったですね。

骨組みが入っている部分は作品が出来上がった後も形を変えることが出来ます。

羊毛フェルトのリス

羊毛フェルトのリスの作り方は以下の通りです。

  1. 羊毛フェルトのリスの顔を作る(顔のベース・耳)
  2. 羊毛フェルトのリスの体を作る(体のベース・しっぽ・手)
  3. 羊毛フェルトのリスの顔のパーツを作る(鼻・口・目)
  4. 羊毛フェルトのリスのどんぐりを作る
  5. 羊毛フェルトのリスのほっぺを作る
  6. 羊毛フェルトのリスの完成

ぜひ可愛らしいリスを作ってみて下さいね。

1から材料を揃えるのが難しい方は、キットも販売されていますのでご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。