羊毛フェルトのペンギンの作り方

羊毛フェルトのペンギンの作り方アイキャッチ
ペンギンの完成画像
羊毛フェルトのペンギン
 
困っている人
羊毛フェルトのペンギンが作りたいな。
 
フェルトママ
羊毛フェルトのペンギンはとても可愛いのに簡単なのよ。ぜひ作ってみましょう。

羊毛フェルトのペンギンはとても可愛らしく、見ているだけでも楽しくなりますよね。

そして大人から子どもまで大人気のアイテムなので、ブローチやストラップにしてプレゼントしてもとっても喜ばれますよ♡

この記事では写真付きで一つひとつ丁寧に作り方を解説していきますので、ぜひ参考にして作ってみて下さいね♪

羊毛フェルトのペンギンの材料と道具

羊毛フェルトのペンギンの道具と材料

羊毛フェルトのペンギンの材料と道具は以下の通りです。

羊毛フェルトのペンギンの材料と道具
羊毛フェルト(青・白・オレンジか黄・ピンク・黒)
ニードル
フェルティングマット

ペンギンのベースは青色でも黒色でもお好みでOKです。

トップの写真のように色違いで両方作っても可愛いですね♡

羊毛フェルトのペンギンの作り方

ではさっそく作っていきましょう。

ペンギンの胴体を作る

まずは胴体です。

青色(または黒色)の羊毛フェルトを卵型に丸めます。

最初は深く刺し固め、大体の形ができたら表面を浅く刺して整えます。

くるくると回しながら刺していくと、つるんと均一に刺すことができますよ。

くるくる、チクチク、くるくる、チクチクです。

羊毛フェルトのペンギンの胴体を作るところ

キレイに整った卵型ができました♪

お好みに合わせて卵型にしたり、まんまるにしたり、アレンジしてみて下さいね!

羊毛フェルトのペンギンの胴体を作るところ

ペンギンの手を作る

次は手です。

青い羊毛フェルトを細長く伸ばして、写真のように軽く刺しておきます。

羊毛フェルトのペンギンの手を作るところ

手の先はボサボサにしておくと胴体にくっつけやすくなりますよ。

羊毛フェルトを指で引っ張ると簡単にボサボサの部分を作れるので、試してみて下さい ^^

羊毛フェルトのペンギンの手を作るところ

胴体に手を刺しつけていきます。

ボサボサの部分を押し込むように深く刺すとしっかりと取り付けられます。

さまざまな角度から刺すことで強度が上がります。

胴体に取り付けるパーツの部分は強度が弱いと簡単に取れてしまいますので、念入りに刺しつけて下さいね。

羊毛フェルトのペンギンの手を作るところ

両サイドに手が付きました。

手の長さや取り付け位置を変えることでペンギンの雰囲気が変わりますので、お好みに合わせて調整してみて下さい。

左右でバランスが違ってしまうと、作品のクオリティが下がってしまいます。

刺しながら左右対称になっているかを確認するのも大切です。

もし左右がアンバランスになっている場合には、一旦手を外して刺し直して大きさを整えたり、取り付ける位置を見直したりしてみて下さい。

羊毛フェルトのペンギンの手が完成したところ

ペンギンの足を作る

次はペンギンの足を作ります。

オレンジか黄色の羊毛フェルトを小さく丸め、刺し固めます。

羊毛フェルトのペンギンの足を作るところ

小さく丸めた足を、バランスを見ながら胴体の下の部分に付けます。

外れないように深く刺しつけましょう。

こちらもさまざまな角度から刺すことで強度が増します。

羊毛フェルトのペンギンの足を作るところ

両足が付きました。

ちょこんとしていて可愛いですね♡

羊毛フェルトのペンギンの足が完成したところ

ペンギンのお腹を作る

次は白い羊毛フェルトを使って、ぽってりとしたお腹の部分を作ります。

白い羊毛フェルトを、あらかじめ大体の形で刺しておきます。

羊毛フェルトのペンギンのお腹を作るところ

大体の形ができたら、ペンギンの胴体の上に乗せて形を整えながら刺しつけます。

全体が均一な厚さになるよう、まんべんなく刺して下さいね。

こちらは手や足の部分ほど深く刺さなくてもOKです。

羊毛フェルトのペンギンのお腹を作るところ

ペンギンのお腹部分が付きました。

すでにペンギン感が出てきてワクワクしますね♪

羊毛フェルトのペンギンのお腹が完成したところ

ペンギンの目の土台を作る

今度はペンギンの目の土台です。

いわゆる白目の部分ですね!

白い羊毛フェルトを軽く丸めておきます。

羊毛フェルトのペンギンの目の土台を作るところ

お腹の部分にミッキーマウスのような形になるように合体させて刺しつけます。

白目の大きさによって、ペンギンの雰囲気が大きく変わります。

若干大きめで作っておくと可愛らしさが増しますよ♡

羊毛フェルトのペンギンの目の土台ができたところ

ペンギンの口を作る

次はペンギンの口です。

オレンジもしくは黄色の羊毛フェルトを、目の土台部分と同じぐらいの大きさか少し大きめで丸めて刺します。

(口の色は足と同じ色で揃えると全体的にまとまりのある作品になります)

羊毛フェルトのペンギンの口を作るところ

やや俵型を意識する感じですね!

羊毛フェルトのペンギンの口を作るところ

大体の形ができたら、白目とお腹の部分が交差するところに乗せて刺しつけます。

刺しつけた後は、クチバシの横線を入れていきます。

端からニードルを少しずつずらして刺していくことで、線状の凹みができていきますよ!

羊毛フェルトのペンギンの口を作るところ

こんな感じではっきりと入れておきましょう。

同じ線を何度も辿ることで、しっかりはっきりした線を描くことができます。

羊毛フェルトのペンギンの口を作るところ

ペンギンの目を作る

次はいよいよ目です。

黒い羊毛フェルトを小さく丸めて白目の真ん中に乗せて、深く刺しつけます。

パーツが小さいので、白目の上で形を整えながら刺しつけていくとやりやすいですね♪

こちらも黒目の大きさを調整することで、表情が色々と変えられますよ ^^

羊毛フェルトのペンギンの目を作るところ

ペンギンのほっぺを作る

そして最後は可愛らしいピンクのほっぺです♡

ほっぺはボワっとした感じで柔らかく表現したいので、ピンクの羊毛フェルトを強く丸めすぎずに緩く乗せて軽く刺しつけます。

羊毛フェルトを使わずに、お化粧用のチークを綿棒に取ってポンポンと付けるのでも可愛いですね。

ほっぺもお好みに合わせて大きさを変えてみて下さい。

羊毛フェルトのペンギンのほっぺを作るところ

両方にほっぺが付きました♡

とっても可愛いですね!

羊毛フェルトのペンギンのほっぺが完成したところ

羊毛フェルトのペンギンの完成

羊毛フェルトのペンギンが完成しました!

どうでしょうか。

なかなか可愛くないですか♪

羊毛フェルトのペンギンが完成したところ

羊毛フェルトのペンギンは可愛いアクセサリーにアレンジできる

ストラップにしてリュックサックに付けてみました♪

背負うとペンギンがゆらゆらと揺れてとっても可愛いんですよ♡

リュックサックに付けたペンギンの羊毛フェルト

羊毛フェルトのペンギンの作り方は以下の通りです。

  1. ペンギンの胴体を作る
  2. ペンギンの手を作る
  3. ペンギンの足を作る
  4. ペンギンのお腹を作る
  5. ペンギンの目の土台を作る
  6. ペンギンの口を作る
  7. ペンギンの目を作る
  8. ペンギンのほっぺを作る
  9. 羊毛フェルトのペンギンの完成

手順はとてもシンプルです。

皆さんもぜひ作ってみて下さいね。

他にも羊毛フェルトの動物の作り方13選で、たくさんの動物たちをご紹介しています。

合わせてぜひご覧くださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました♪