【クロバー】パフウールの特徴と使い方

 
困っている人
【クロバー】の羊毛フェルトパフウールってどうやって使ったらいいのかな。
 
フェルトママ
【クロバー】のパフウールはとても柔らかいのよ。特徴を活かした使い方を説明するわね。
大手羊毛フェルトメーカーの1つ【クロバー】のパフウール。
パフウールのいいところを活かして、作品の幅を広げてみましょう。
 
クロバーのパフウール

✔ この記事では、【クロバー】の羊毛フェルト パフウールの特徴と使い方が分かります。

スポンサーリンク

【クロバー】パフウール 製品の特徴

まずは【クロバー】の羊毛フェルト パフウールの特徴を詳しく見ていきましょう。

\ブラックフライデー開催中/
Amazon

素材はメリノウール100%

素材はメリノウール100%。

メリノウールとは、ウールの中でも最高品質で、繊維が細かく柔らかい素材です。

パフウールを割いてみると、綿菓子のようにふわっとしているのが分かります。

クロバーのパフウール

内容量は5g

内容量は5gです。

手にすると分かりますが少量ですね。

クロバーのパフウールを手に乗せたところ

大容量の販売がないのかクロバー株式会社にメールで問い合わせてみました。

いただいた回答は以下の通りです。

平素はクロバー商品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

パフウールの大容量販売の件ですが、大変申し訳ございませんが、5g入りの商品しか取り扱いはなく、それ以外の容量でのご対応もしておりません。

ご期待に沿えず申し訳ございません。

今後ともお引き立てのほど何卒よろしくお願い申し上げます。 

クロバー(株)お客様係

5g以外はないようなので、気に入った色で大きな作品を作りたい場合は複数個の購入が必要です。

価格は税込み198円

価格は1色が税込み198円。

容量が少ないとはいえ、この価格で羊毛フェルトが手に入るのは嬉しいですよね。

Amazonプライム会員なら送料無料なので、大量に買わなくても送料を気にせず購入することが出来ます。

カラーバリエーションは全70色

パフウールのカラーバリエーションは何と全70色。

優しい淡い色合いからパッと目を引く個性的な色まで、揃わない色はないと言ってもいいほど。

理想の作品に近づけるには十分な品揃えです。

クロバーのパフウールの色見本
                           出典:クロバー公式サイト

スポンサーリンク

【クロバー】パフウールの使い方

【クロバー】の羊毛フェルト パフウールの特徴を活かした使い方は以下の通りです。

  • 少量なので小さな作品や刺繍に使う
  • 柔らかいので繊細な作風に使う
  • 全70色なのでピンポイントの色を選んで使う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

少量なので小さな作品や刺繍に使う

パフウールは少量ずつの販売になっています。

大きな作品を作るには複数個を購入しなければいけません。

まずは小さな作品やパーツや刺繍に使ってみるといいですね。

パーツの付け方や刺繍のやり方については、別記事の羊毛フェルトのパーツの作り方と付け方羊毛フェルトの刺繍のやり方と注意点で詳しく解説していますので、合わせてご覧くださいね。(クリックで見れます)

柔らかいので繊細な作風に使う

パフウールはとても柔らかく、きめが細かい羊毛フェルトです。

羊毛フェルトの繊細さを出したいときに使うのがおすすめです。

全70色なのでピンポイントの色を選んで使う

パフウールはカラーバリエーション豊富な全70色です。

きっと欲しい色が見つかるはずです。

色見本から使いたい色をピンポイントで選んで使ってみてください。

【クロバー】パフウールの使い心地

実際にパフウールを使って作品を使ってみました。

今回は、ロイヤルブルー(72-857)とホイップピンク(72‐839)を使いました。

ネーミングも何だかオシャレで選ぶのが楽しくなりました♡

クロバーのパフウール

スポンサーリンク

キメが細かく柔らかい

パフとは空気を含んでふわっと膨らんだという意味を持ちます。

パフウールの名の通り、ふわっとしており、キメが細かくとても柔らかいですね。

刺し心地はサクサク

刺した感触は、サクサクという感じです。

引っ掛かりも全くなく気持ちよく刺せます。

クロバーのパフウールを刺すところ

まとめやすさは初心者にはやや難

まとめやすさは、初心者の方にはやや難といったところです。

とても柔らかいのでニードルで刺した通りの形になります。

時々手の平で丸めながら作業すると整いやすいですね。

クロバーのパフウールを丸めたところ

素材にこだわらず、刺しやすさや仕上がりの綺麗さを出したい方は、ハマナカのアクレーヌがおすすめです。

まずはアクレーヌで作品作りの練習をしてもいいですね。

アクレーヌについては別記事のアクレーヌを使ってみた【羊毛フェルトとの違いは何?】で詳しく解説していますので、興味のある方はご覧ください。(クリックで見れます)

\ブラックフライデー開催中/
Amazon

パーツは付けやすい

パフウールで作った土台の上に、色違いのパフウールでパーツを付けてみました。

線維が細かいので、パーツもサクサクと土台に刺し付けられました。

クロバーのパフウールでパーツを付けるところ

仕上がりは上品

パフウールで作った作品は上品な仕上がりです。

羊毛フェルトの優しい風合いが感じられますね。

どこか懐かしい感じも♡

クロバーのパフウールで作った作品

【クロバー】パフウールで優しい風合いの作品を作ろう

【クロバー】の羊毛フェルト パフウールの特徴と使い方をご紹介しました。

とても優しい風合いの作品が作れましたね。

クロバーのパフウールで作った作品

【クロバー】のパフウール 製品の特徴は以下の通りです。

  • 素材はメリノウール100%
  • 内容量は5g
  • 価格は税込み198円
  • カラーバリエーションは全70色

【クロバー】のパフウールの使い方は以下の通りです。

  • 少量なので小さな作品や刺繍に使う
  • 柔らかいので繊細な作風に使う
  • 全70色なのでピンポイントの色を選んで使う

また、【クロバー】のパフウールの実際の使い心地は以下の通りでした。

  • キメが細かく柔らかい
  • 刺し心地はサクサク
  • まとめやすさは初心者にはやや難
  • パーツは付けやすい
  • 仕上がりは上品

【クロバー】のパフウールを使うと、とても優しい作品を作ることが出来ます。

興味のある方は好きな色を選んで使ってみて下さいね。

\ブラックフライデー開催中/
Amazon

別記事の羊毛フェルトの種類を徹底比較【初心者に断然おすすめの羊毛はコレ】では、他の羊毛フェルトの種類をご紹介しています。合わせてご覧ください。(クリックで見れます)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。