羊毛フェルトの販売のやり方【3分無料登録で始めよう】

 

困っている人
羊毛フェルトを作れるようになったから売ってみたいな。
フェルトママ
羊毛フェルトの販売のやり方は5つあるのよ。一つずつ紹介するから、あなたに合ったものを選んでみて。無料で始められるものもたくさんあるのよ。
この記事では、羊毛フェルト販売のやり方が分かります。羊毛フェルトだけでなくハンドメイド作品全般に使っていただけます。
羊毛フェルトをある程度作れるようになったら、売ってみたいという人もいますよね。
趣味の域を超えてステップアップしたい方のためにこの記事を書いています。
スポンサーリンク

羊毛フェルトの販売のやり方はこの5つ

羊毛フェルト販売のやり方のイラスト

羊毛フェルトの販売のやり方は以下の5つになります。

  • ハンドメイドサイトで売る
  • SNSで売る
  • ネットショップを開設する
  • フリーマーケットで売る
  • 既存ショップで委託販売をする

一つずつ説明していきます。

フェルトママ
自分にはどれが合ってるかな~と考えながら読んでみて下さいね。

ハンドメイドサイトで売る

ネット上にはいくつかハンドメイドの販売サイトがありますが、今回は以下の4つをご紹介します。

ハンドメイド好きなお客さんばかりが集まるので、他のフリマサイトよりも集客しやすい特徴があります。

  • minne(ミンネ)
  • Creema(クリーマ)
  • iichi(イイチ)
  • メルカリ

 

各サイトの作品販売にかかる費用は以下になります。

初期費用販売手数料振込手数料
minne(ミンネ)無料9.6%一律220円
Creema(クリーマ)無料10%3万円未満176円、3万円以上275円
iichi(イイチ)無料20%3万円未満176円、3万円以上275円
メルカリ無料10%一律200円

※tetoteはminneにサービス統合、ココナラハンドメイドは販売終了、ハンズギャラリーマーケットは2020年12月に終了しました。

 

フェルトママ
羊毛フェルトの販売手数料は取られるけれど、サイトが間に入ってくれるので安心して取引できますね。

一つずつ見ていきましょう。

minne(ミンネ)

minne

ミンネは以下の特徴を持っています。

  • 国内最大規模で公開作品は1,000万点以上
  • 販売手数料が他のハンドメイドサイトに比べて一番安い
  • サイトの雰囲気は可愛らしく女性らしい
  • 作品はチープなものから本格的なものまで様々
  • ユーザーは若い女性(10代~30代)が多い
  • 初めて羊毛フェルト作品を売りたい方にはおすすめ
フェルトママ
minne に登録はしていますか?たったの3分で無料登録が出来る初めての人でも使いやすいハンドメイド販売サイトです。
困っている人
minneって売れるの?
フェルトママ
minneは私たちの代わりに集客してくれるから、あとは作品を登録するだけよ。まずは作品を登録してみることが販売の第一歩ね。
▼minneに3分で無料登録してまずは売ってみましょう▼

 

Creema(クリーマ)

creema

Creemaの特徴は以下になります。

  • minneについで大手サイトで、公開作品数は840万点以上
  • リアルのイベントに力を入れている
  • minneより落ち着いた雰囲気でデザイン性や職人性が高いものが多い
  • ユーザー層はminneより高めの20代から40代
フェルトママ
Creemaはサイト自体がとても落ち着いた雰囲気です。羊毛フェルト作品のレベルはminneとあまり変わらないので、両方登録するのをオススメします。

iichi(イイチ)

iichi

iichiの特徴は以下になります。

  • ベテランさんが多く出品しており、初心者には難しい
  • 職人的な作品が多く質が高い
  • 販売価格が高額のものが多い
  • 大人向けで高級感あり
  • 年齢層が高い(30代~60代)
  • 男性ユーザーが多い
フェルトママ
iichiは高級な一点ものが多いサイトです。羊毛フェルト作品も比較的大人っぽい作品が多いですが、可愛らしい作品を出している人もいるのでトライしてみるのもありです。
スポンサーリンク

メルカリ

メルカリ

メルカリは利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

メルカリの特徴は以下になります。

  • ユーザー数が圧倒的に多い
  • 羊毛フェルトに興味のない人にも見てもらえる
  • 羊毛フェルトを販売するライバルが少ない
  • 気軽に出品できる
  • 安くないと売れない
  • ハンドメイド以外のものがほとんどで、サイトに統一感がない
  • 素人が作ったものからプロが作ったものまでクオリティが様々
  • ユーザーの年齢層は幅広い(10代~60代)
フェルトママ
メルカリは素人レベルでも出品している人がたくさんいます。趣味で作ったものを試しに出すことが出来ますが、全く売れないことも多いのですが、他の出品者との差がつけられやすいので工夫すれば収益を上げることが出来ます。
メルカリで羊毛フェルト作品が売れないときの対処法は、別記事にて説明していますので参考にしてみて下さい。
ちょっとしたコツを追加すれば売れやすくなりますよ。
関連記事

https://twitter.com/yurinkoj/status/1306390761429037056 メルカリに羊毛フェルトを出したけれど、このツイートのようにさっぱり売れないという人はいませんか?[…]

羊毛フェルトがメルカリで売れないときの対処法

SNSで売る

普段使っているSNSから集客して販売することも出来ます。

羊毛フェルトに特化したアカウントにするといいですね。

SNSの代表的なものは以下の通りです。

  • Instagram(インスタグラム)
  • Facebook(フェイスブック)
  • Twitter(ツイッター)
  • YouTube(ユーチューブ)
  • Pinterest(ピンタレスト)

 

各SNSの詳細は以下になります。( 横にスライドして見れます )

国内利用者数特徴売りやすさ
Instagram(インスタグラム)8,400万人
  • 画像・動画(リール機能)
  • ハッシュタグフォローにより情報が取得しやすい
  • ストック型
  • ハッシュタグにより見つけてもらいやすい
  • 個人間のDMでやり取り
  • 手数料が取られない
  • リスクが高い
Facebook(フェイスブック)2,600万人
  • 画像・動画・テキスト
  • 実名登録制
  • 年齢層が高め
  • リアルな知り合いとのつながりが多い
  • フロー型
  • 「販売グループ」という機能がある
  • 個人間のDMでやり取り
  • 手数料が取られない
  • リスクが高い
YouTube(ユーチューブ)6,200万人
  • 動画メイン
  • 生配信できる
  • 年齢層が幅広い
  • 世界からも見られる
  • ストック型
  • 動画を使って商品紹介が詳しく出来る
  • 動画作成に手間がかかる
  • 個人間のDMでやり取り
  • 手数料が取られない
  • リスクが高い
Twitter(ツイッター)4,500万人
  • テキストメイン
  • ニュースやトレンドなど情報取得ツールとして使われることが多い
  • フロー型
  • 情報が流れていくフロー型なので、必要としている人の目に留まりにくい
  • 個人間のDMでやり取り
  • 手数料が取られない
  • リスクが高い
Pinterest(ピンタレスト)530万人
  • 画像メイン
  • 日本でも認知度が上がり、利用者数が急増している
  • 男性ユーザーも増えている
  • ストック型
  • 画像検索により見つけてもらいやすい
  • 個人間のDMでやり取り
  • 手数料が取られない
  • リスクが高い
フェルトママ
SNSは集客がメインなので、いざ販売となると個人間のやり取りになります。手数料はないけど少々リスクが高くなりますね。SNSを集客用として利用し、ネットショップに来てもらうという方法を取れば効率がよくなります。

ネットショップを開設する

個人のネットショップを開設する方法があります。

個人で簡単にお店を持てる時代になったのはすごいですよね。

ショップ内にはライバル不在なのでこちらも選択肢の一つにしてもいいかもしれません。

  • BASE(ベイス)
  • カラーミーショップ

 

詳細を見てみましょう。

BASE(ベイス)

BASE

  • 初期費用無料
  • 決済手数料 3.6%+40円※決済手数料は送料にもかかります。※別途サービス利用料が3%かかります。
  • ファッションやフード、雑貨など様々なカテゴリがある
  • ショップデザインが出来る
  • 予約販売、顧客管理、メルマガ、クーポン、セールなど無料で機能を追加できる
  • BASEかんたん決済が使える
  • ショップ開設数 1,200,000店舗
フェルトママ
BASE で作ったサイトを色々見てみましたが、個人のショップとは思えないほどのクオリティでした。これが無料で開設できるなんてすごいですね。BASEを使えば自分だけのお店を持つのも夢ではありませんよ。
困っている人
いつかお店を持ちたいと思っていたんだよね。
フェルトママ
今の時代はネットで買い物をする人が増えているから集客しやすいわよ。家賃などの固定費もかからないなんて夢のようだし。
▼無料で簡単に本格的ショップを開設してみる▼

 

カラーミーショップ

カラーミーショップ

  • 月額費用 ラージ 7,223円、レギュラー 3,000円、エコノミー 834円
  • 決済手数料 クレジットカード決済 3.8%~5.5%、代引き決済 280円~、コンビニ決済 130円~、amazon pay 4.0%、他多数決済方法あり
  • 30日間の無料体験ができる
  • ショップデザインができる
  • SNSで商品をアピールし、直接ショップへ誘導できる
  • 会員限定でショップを公開できる
  • 名入れやギフトに対応できる
  • 決済手段が豊富に選べる
  • ショップ開設数 150,000店舗
フェルトママ
カラーミー も同様、サイトデザインが豊富でした。30日間の無料体験で、自分がお店を持つ感じが知れるのはいいですね。
▼30日間無料体験でお試ししてみる▼

 

スポンサーリンク

フリーマーケットで売る

フリーマーケットで販売する方法もあります。

直接お客さんと対面でやり取りするのは楽しいですが、フリーマーケットに来るお客さんはいかに安く買おうかと思っている人ばかりなので、収益としてはかなり厳しくなります。

私も過去に何度もフリーマーケットに出品しましたが、大げさではなく99%の人に値切られました。

出店料に対して売り上げが低く赤字になる可能性もあるので、販売する際には注意が必要です。

 

フェルトママ
私は息子やお友達家族とお店屋さんごっこ感覚で出ました。楽しい体験として出店するのにはフリマもありですね。羊毛フェルトは数百円に値切られましたがいい思い出です笑

 

既存ショップで委託販売をする

既存ショップで委託販売をするという方法もあります。

販売手数料を取られるところもありますが、知り合いのお店に無料で置かせてもらえるなんてことがあるかもしれません。

ハンドメイド専門店や、カフェや美容院の一角など問い合わせてみてもいいですね。

 

フェルトママ
羊毛フェルト作品の雰囲気に合ったお店にお願いできれば、winwinの関係になっていいですね!
困っている人
知り合いのカフェに置かせてもらおうかなあ。
フェルトママ
いいアイデアね。お礼に友達とカフェでお茶するなんてのも楽しいわよね。

羊毛フェルトを販売するときの注意点

羊毛フェルト販売

羊毛フェルトを販売するときの注意点がいくつかあります。

羊毛フェルト販売初心者が陥りそうなポイントです。

  • 販売価格は安くしすぎない
  • 時給を考えて制作する
  • 値切りに応じない
  • クレームに備えて、事前に伝えるべきことはしっかり明記しておく

 

一つずつ見ていきましょう。

販売価格は安くしすぎない

ハンドメイド作家さんは、自分自身の作品の価格を安く設定する傾向にあります。

「 私の作品なんて、、 」

「 売れなかったら嫌だから安めに設定しようかな。 」

なんて考える必要はありません。

作品の相場をよく調べ、適正価格をつけましょう。

フェルトママ
趣味の域を超えて羊毛フェルトをビジネスとして始めるのですから、経費と売上についてはしっかり考えましょうね。

時給を考えて制作する

手間暇かけすぎて、時給換算にしたら数十円ということにもなりかねません。

ハンドメイド販売はラッピングや送料までが商品にかかる費用です。

初めは難しいかもしれませんが、慣れてきたら時給は何円以上にすると計算してから作業するといいですね。

 

フェルトママ
これもあるあるですね。少しずつ数字も気にしていきたいものです。

値切りに応じない

対面だけではなく、ネット上でも値切られることがあります。

お客さんの中には個人のハンドメイド作家の心理的弱点を知っていて、取引の際に値切ってくる人がいます。

最初に決めた価格を揺るがすことのないよう、毅然とした態度で販売しましょう。

困っている人
あんまり自信がないから安くしてって言われたら安くしちゃうよ。
フェルトママ
羊毛フェルトをビジネスとしてやるのだから、自信を持って最初の価格を設定をしっかりしましょうね。

クレームに備えて、事前に伝えておくべきことはしっかり明記しておく

少なからず販売した作品にクレームがつくことがあります。

あらかじめクレームを想定して、作品の販売ページに明記しておくことをオススメします。

トラブル回避にもなりますよ。

  • サイズ
  • 素材の特性
  • 取り扱い上の注意
  • 納品までの期間
  • 返品交換の可否など
フェルトママ
他にも自分自身の羊毛フェルト作品に来るであろうクレームを想定して付け加えて下さいね。

羊毛フェルトは高額で販売されるケースもある

羊毛フェルトヤフオク

 

羊毛フェルトは高額で販売されるケースがあります。

手間暇かけて作る羊毛フェルトですから、作品の価値を知る人からは高額でも購入されるんですよね。

 

動物のリアルな作品は人気が高く、ヤフオクでもどんどん値段が吊り上がっていきます。

自分の作品がどこまで価格を上げられるのか、オークションサイトに出してみるのも一つの案です。

時間の経過とともにチェックするのも楽しみの一つですね。

 

将来的に高額での販売を目指す人は、羊毛フェルト教室に通ってスキルを高めることをおすすめします。

ZOOMや通信講座での受講が可能な教室もあるので、別ページの羊毛フェルト教室ページを参考にしてみて下さい。

自分だけでは身につけられない高度な技術を身につけられますよ。

羊毛フェルト教室ページ

 

フェルトママ
羊毛フェルト作家さんの中には、リアルな動物を専門とする人がたくさんいます。特に国内外で有名なのがわくねこさんです。亡くなったペットを作ってほしいというお客さんも多いので、高額でクオリティが高い作品の需要は多いです。

 

羊毛フェルトの販売のやり方は、自分のやりたいスタイルを自由に選べる

販売のやり方のイラスト

羊毛フェルトの販売のやり方は主に以下の5つでした。

  • ハンドメイドサイトで売る
  • SNSで売る
  • ネットショップを開設する
  • フリーマーケットで売る
  • 既存ショップで委託販売をする

 

初めて羊毛フェルトを販売する人には、販売手数料が一番安いminne(ミンネ)をオススメします。

まずは出品してみることが羊毛フェルトで売り上げを立てる第一歩です。

 

minneをオススメする理由は以下の通りでした。

  • minneが羊毛フェルトの販売を仲介してくれるのでトラブルが少ない
  • 出品作品に可愛らしいものも多く、初心者でも参入しやすい
  • 無料で始められる
  • 販売手数料が一番安い
  • やめたいときにやめられる

 

色々と勉強にもなるので出品してみることから始めて下さいね。

羊毛フェルト作家さんとしてきっと世界が広がりますよ♡

▼3分でminneに無料登録する▼

 

羊毛フェルトを販売する前にもう一段クオリティを上げたい。

でもテクニックに自信がないという方は、簡単に作業が出来るニードルがおすすめです。

簡単に作業が出来るニードルに興味がある人は別記事の羊毛フェルトニードルおすすめ記事をご覧ください。(クリックで読めます)

ニードルを変えるだけでこんなにも仕上がりが違うのかと私自身も驚いています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。