羊毛フェルトのピンクッションの作り方

困っている人
羊毛フェルトでピンクッションを作ってみたいな。
フェルトママ
羊毛フェルトのピンクッションはとっても簡単なのに可愛いのよ。一つ一つ説明するわね。
お裁縫をするときに必須のアイテム『ピンクッション』
可愛いピンクッションがあれば作業も楽しくなりますよね♡
✔ この記事では羊毛フェルトのピンクッションの作り方が分かります。
羊毛フェルトのピンクッション
スポンサーリンク

羊毛フェルトのピンクッションの材料と道具

羊毛フェルトのピンクッションの材料と道具は以下の通りです。

羊毛フェルトのピンクッションの材料と道具

  • 羊毛フェルト(作りたいデザインに合わせて準備)
  • ニードル
  • フェルティングマット
  • ピンクッションの入れ物(素材は自由)
  • ファスナーテープ(貼り付けタイプ)

 

羊毛フェルトのピンクッションの作り方

さっそく羊毛フェルトのピンクッションを作っていきましょう。

ピンクッションの土台を作る

羊毛フェルトを入れ物より大きめに丸めて土台のサイズを決めます。

ニードルで刺し固めるので小さくなります。

羊毛フェルトと入れ物のサイズを合わせる

 

丸めた羊毛フェルトを刺し固めましょう。

最初は深く、大体の形が出来たら表面を浅く刺します。

羊毛フェルトを刺し固めるところ

 

ピンクッションのパーツを作る

土台が出来たら、ピンクッションのデザインに合わせてパーツを作ります。

今回はリンゴにしました。

パーツとなるリンゴのへたを作ります。

羊毛フェルトのピンクッションのパーツを作るところ

 

次は葉っぱです。

小さいパーツですが、それぞれ単独で丁寧に作ります。

羊毛フェルトのピンクッションのパーツを作るところ

 

ピンクッションの土台となる中心を何度も刺して凹みを付けます。

羊毛フェルトのピンクッションのパーツを付けるところ

 

先ほど作ったリンゴのヘタと葉っぱを刺しつけます。

羊毛フェルトのピンクッションのパーツを付けるところ

 

ピンクッションにファスナーテープを付ける

入れ物に羊毛フェルトのピンクッションを入れていきます。

羊毛フェルトのピンクッションと入れ物

 

固定にはファスナーテープを使います。(今回はダイソーで購入しました)

貼り付けタイプが簡単でいいですね。

小さく2セットずつカットします。

羊毛フェルトのピンクッションにマジックテープを付けるところ

 

入れ物の中に2ヶ所(見えにくいですが貼り付けてあります)、羊毛フェルトのピンクッション側に2ヶ所、マジックテープを貼り付けます。

羊毛フェルトのピンクッションを入れ物に入れるところ

 

ピンクッションを入れ物に入れる

ファスナーテープを付けた羊毛フェルトのピンクッションを入れ物の中に入れます。

それぞれファスナーテープが一致するように貼り付けましょう。

羊毛フェルトのピンクッションを入れ物に入れるところ

 

最後はニードルで整えます。

すき間が空いた場合は羊毛フェルトをすき間に追加して刺してくださいね。

羊毛フェルトのピンクッションを入れ物に入れるところ

 

羊毛フェルトのピンクッションの完成

羊毛フェルトのピンクッションが完成しました。

ファスナーテープを使えばとても簡単でしたね♡

羊毛フェルトのピンクッションの完成

 

羊毛フェルトのピンクッション作り方の3つのコツ

羊毛フェルトのピンクッションの作り方のコツは以下の3つです。

  • デザインをあらかじめ決めておく
  • 刺し固める前にサイズを合わせるときは入れ物より大きめにしておく
  • ファスナーテープ(貼り付けタイプ)を使う

羊毛フェルトのピンクッションは、シンプルなものから可愛らしいものまで無限にデザインを楽しめます。

ピンクッション自体に平面の模様を付けることも出来ますし、パーツを付ければ立体的なピンクッションにもなります。

あらかじめデザインを決めておくといいですね。

 

入れ物に合わせてピンクッションの大きさを決める際は、準備する羊毛フェルトを少し大きめにしておきます。

羊毛フェルトを刺し固めることで全体の大きさが小さくなるので考慮しましょう。

 

また羊毛フェルトのピンクッションと入れ物を固定する方法として、ファスナーテープ(貼り付けタイプ)をおすすめします。

とても簡単に取り付けられる上、羊毛フェルトが入れ物の中で動かずしっかりと固定されます。

 

羊毛フェルトのピンクッションはとても簡単に可愛く作れる

羊毛フェルトのピンクッションの完成

羊毛フェルトのピンクッションはとても簡単に作ることが出来ました。

作り方は以下の通りです。

  1. ピンクッションの土台を作る
  2. ピンクッションのパーツを作る
  3. ピンクッションにファスナーテープを付ける
  4. ピンクッションを入れ物に入れる
  5. 羊毛フェルトのピンクッションの完成

 

ピンクッションのデザインを変えたり、入れ物の素材を変えたりすることで、羊毛フェルトのピンクッション作りを色々と楽しむことが出来ます。

ぜひあなただけのオリジナルピンクッションを作ってみて下さいね♡

 

最後までお読みいただきありがとうございました。