羊毛フェルトのラメは廃盤しました【在庫で終了ですが作れます】

 
困っている人
羊毛フェルトのラメが欲しいんだけど在庫がないんだって。
 
フェルトママ
そうなのよ。メーカーさんに問い合わせてみた結果と、羊毛フェルトのラメが手に入らないときに自作する方法を合わせて紹介するわね。

羊毛フェルトのラメを探している人はいませんか?

私自身、キラキラの作品を作りたくてAmazonで購入したのですが、色によっては在庫も入荷予定もなかったので詳しく調べてみました。

また、羊毛フェルトのラメがないときに自作する方法も合わせてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみて下さいね♡

羊毛フェルトのラメ

✔ この記事では、羊毛フェルトのラメのメーカー在庫状況と羊毛フェルトのラメを自作する方法が分かります。

※羊毛フェルトのラメ「フェルティングフラッシュ」は、ポリエステル100%、内容量約5gのフェルティング用ラメで、そのまま刺したり、原毛に混ざて使います。

スポンサーリンク

羊毛フェルトのラメは在庫が無くなり次第廃盤

サンフェルトの羊毛フェルトのラメは、レッド、ピンク、グリーン、ブルー、オーロラ、シルバー、ゴールドの全7色です。

羊毛フェルトのラメは在庫残りわずか

私が羊毛フェルトのラメを購入した2021年10月時点で、在庫はピンク、グリーン、ブルーのみでした。

少しだけでも欲しいなという方は、以下より在庫を確認してくださいね。

サンフェルト(株)に問い合わせしていただいたお返事

在庫切れをした色の販売予定がAmazonのサイト上では分からなかったので、取り扱いメーカーのサンフェルト(株)さんに問い合わせてみました。

いただいたお返事は以下の通りです。

■■様

いつも大変お世話になっております。

海外からの原料調達が困難となり、全色とも在庫が無くなり次第廃盤となります。

ご不便お掛けしますが、よろしくお願いいたします。

サンフェルト(株)●●

サンフェルト(株)担当者様からの返信メールより

メールの内容から海外の原料を使っていることが分かりました。

原材料はポリエステル100%なので国内でも生産できそうですが、需要の問題でできないのかもしれませんね。

羊毛フェルトのラメの使い方

羊毛フェルトのラメ「フェルティングフラッシュ」(以下 ラメ)を実際に使ってみました。

ラメだけで刺した場合と、他の羊毛フェルトにラメを混ぜて使った場合をご紹介します。

ラメだけで刺した場合

まずはラメだけで刺してみました。

ポリエステルですが何とか刺すことは出来ます。

サクサクという乾いた感じの刺し心地です。

羊毛フェルトのラメを刺すところ

羊毛フェルトよりまとまりが悪く、刺す回数が多く必要でした。

羊毛フェルトのラメを刺すところ

ラメの繊維がぴょんぴょんと飛び出すのでハサミでカットします。

羊毛フェルトのラメをカットするところ

羊毛フェルトのラメだけでりんごのモチーフを作ってみました。

キラキラ感がすごいですね。

派手なアクセサリーになりそうです♡

羊毛フェルトのラメで作ったりんごのモチーフ
スポンサーリンク

他の羊毛フェルトにラメを混ぜて使った場合

次は他の羊毛フェルトにラメを混ぜて使ってみました。

羊毛フェルトの色の混ぜ方や道具については、別記事の羊毛フェルトの色の混ぜ方【おすすめ道具アリ】でご紹介していますので、合わせてご覧くださいね。(クリックで見れます)

今回はダイソーのペット用ブラシを2本使っています。

まずはブラシの上に羊毛フェルトとラメを重ねて乗せます。

羊毛フェルトとラメを混ぜるところ

ブラシ2本で羊毛フェルトとラメをとかすように混ぜます。

しっかり混ざるまで何度も繰り返します。

羊毛フェルトとラメを混ぜるところ

羊毛フェルト全体にラメが混ざりました。

何だかゴージャスな感じになりましたね♡

ところどころキラキラしています。

羊毛フェルトとラメを混ぜたところ

実際にモチーフを作ってみました。

今回のモチーフはぶどうです。

若干ラメがぴょんぴょんと出ますが、羊毛フェルトが混ざっているので刺しにくくはないですよ。

羊毛フェルトのラメを刺すところ

パーツ同士を繋げます。

飛び出したラメも押し込む感じで刺していけば隠れてくれました。

羊毛フェルトのラメを刺すところ

羊毛フェルトとラメを混ぜたキラキラのぶどうの完成です♡

ブローチにアレンジすれば、華やかな場にも付けていけそうですね。

羊毛フェルトのラメの作品

羊毛フェルトのラメを自作する方法

羊毛フェルトのラメは在庫限りで廃盤とのことでしたので、自作する方法をご紹介します。

今回は2種類の毛糸を使ってみました。

  • ハマナカ「シオラ」
  • オリムパス「タティングレース糸」

それぞれ見ていきましょう。

ハマナカ「シオラ」で羊毛フェルトのラメを作る方法

まずはハマナカの「シオラ」という春夏用の毛糸を使ってみます。

ギラギラした感じがあって、羊毛フェルトに混ぜたらいい感じのラメ感を発揮してくれそうですね。

ラメの毛糸

手芸店には色々な色が揃えられていました。

作りたい作品やベースとなる羊毛フェルトの色に合わせて選べます。

店舗に置いてある毛糸のラメ
\ブラックフライデー開催中/
Amazon

ハマナカ「シオラ」をほぐす

まずはシオラほぐします。

春夏用の毛糸なので細いですが、しっかりとラメ感があります。

ラメの毛糸を伸ばしたところ

ブラシの上にシオラを乗せます。

ラメの毛糸をブラシでほぐすところ

ねじねじになっている繊維と繊維を割くようにとかしてください。

ラメの毛糸をブラシでほぐすところ

何度もとかしているともじゃもじゃになってきました笑

ラメの毛糸をブラシでほぐすところ

羊毛フェルトとほぐしたシオラを混ぜる

シオラをほぐしたら、好きな色の羊毛フェルトと合体させて、さらにブラシでとかして混ぜます。

羊毛フェルトとラメの毛糸を混ぜるところ

何度もとかすと、オリジナルのラメ入り羊毛フェルトが出来上がりました♡

羊毛フェルトとラメの毛糸を混ぜたところ
スポンサーリンク

シオラで作ったラメ入り羊毛フェルトでモチーフを作る

シオラで作ったラメ入り羊毛フェルトで好きなモチーフを作ってみます。

今回はハートにしてみました♡

チクチクと形を作っていくと、いい感じのツイード感が出てきてワクワクが止まりません♡♡

羊毛フェルトで作ったラメを刺すところ

とても素敵なラメ入りツイードのハートが出来ました。

これはかなり大人っぽいですね。

アクセサリーにしてもいいし、バッグなどのボタンに使ってもいいですね。

羊毛フェルトで作ったラメで作ったモチーフ

オリムパス「タティングレース糸」で羊毛フェルトのラメを作る方法

次はオリムパス「タティングレース糸」を使ってみました。

かなり細いですが、キラキラ感がすごいのでこちらも期待大ですね。

ラメの毛糸

手芸店で見たタティングレース糸は色揃えがこんなに豊富。

羊毛フェルトとタティングレース糸の色の組み合わせを変えれば、無限にオリジナルの羊毛フェルトのラメが作れそうです。

店舗に置いてある毛糸のラメ

オリムパス「タティングレース糸」をほぐす

まずはタティングレース糸をほぐします。

かなり細い上にしっかりとねじられています。

ラメの毛糸を伸ばしたところ

タティングレース糸を適量取ってブラシに乗せます。

ラメの毛糸をほぐすところ

繊維がほぐれるように何度もとかします。

糸がかなり細いのでほぐすのがなかなか大変です。

ラメの毛糸をほぐすところ

ブラシでとかした後、手で引っ張ったりして、何とかボサボサ感を出してみました笑

ラメの毛糸をほぐしたところ

羊毛フェルトとほぐしたタティングレース糸を混ぜる

羊毛フェルトと先ほどほぐしたタティングレース糸をブラシに乗せます。

羊毛フェルトとほぐしたラメの毛糸を混ぜるところ

何度もとかして混ぜます。

羊毛フェルトとほぐしたラメの毛糸を混ぜるところ

糸が細いので混ぜるのはなかなか至難の業です。

羊毛フェルトとほぐしたラメの毛糸を混ぜるところ

混ざったのか混ざっていないのかよく分からないですが笑、とりあえずこれで刺してみましょう。

羊毛フェルトとラメの毛糸が混ざったところ

タティングレース糸で作った羊毛フェルトのラメでモチーフを作る

不均一なラメ入り羊毛フェルトで、ハート型のモチーフを作ってみました。

これはこれで味がありますね笑

毛糸のラメを混ぜた羊毛フェルトでモチーフを作るところ

シオラとタティングレース糸で作った羊毛フェルトのラメ入りモチーフ

ハマナカ「シオラ」とオリムパス「タティングレース糸」で作った羊毛フェルトのラメ入りモチーフです。

ツイード感が出ていて大人っぽい作品にも使えそうですよ。

作りやすさとしてはハマナカ「シオラ」の方がおすすめです。

毛糸のラメを混ぜた羊毛フェルトで作ったモチーフ

羊毛フェルトのラメは廃盤だが自作すると素敵なツイードが作れる

羊毛フェルトのラメ「フェルティングフラッシュ」は在庫限りで廃盤ですが、ラメの毛糸を使って自作できる方法をご紹介しました。

素敵なツイードになっていますね。

キラキラした作品は見ているだけで気分が上がります♡

 

羊毛フェルトのラメで作ったモチーフ

ハマナカ「シオラ」とオリムパス「タティングレース糸」を使ったラメ入り羊毛フェルトの作り方は以下の通りです。

  1. シオラ(タティングレース糸)をほぐす
  2. 羊毛フェルトとほぐしたシオラ(タティングレース糸)を混ぜる
  3. ほぐしたシオラ(タティングレース糸)で作ったラメ入り羊毛フェルトでモチーフを作る

ほぐしやすさや混ぜやすさから見ると、ハマナカ「シオラ」がおすすめです。

\ブラックフライデー開催中/
Amazon

羊毛フェルトのラメが手に入らなくても、ラメの毛糸と羊毛フェルトを混ぜることでラメ入り羊毛フェルトが作れます。

ぜひオリジナルを作って、大人っぽい作品にチャレンジしてみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。