羊毛フェルトのパンダの作り方

 
困っている人
羊毛フェルトでパンダを作ったら可愛いよね。
 
フェルトママ
そうね。可愛いのにけっこう簡単に出来るからぜひ作ってみましょう。
羊毛フェルトのパンダの完成

別記事の羊毛フェルトの簡単な動物の作り方12選では、他の動物の作り方もご紹介しています。合わせてご覧くださいね。

動物園でも大人気のパンダ。
いつの時代も幅広い世代から人気ですよね♡
今回は羊毛フェルトのパンダの作り方を、写真付きで一つ一つ丁寧に解説していきます。
スポンサーリンク

羊毛フェルトのパンダの材料と準備するもの

羊毛フェルトのパンダの材料

羊毛フェルトのパンダの材料は以下になります。

  • 白、黒の羊毛フェルト各適量ずつ
  • ニードルとフェルティングマット
  • さし目2個
  • 目打ち
  • ボンド

羊毛フェルトのパンダの顔を作る

まずはパンダの顔を作ります。

羊毛フェルトのパンダの顔を作るところ

白の羊毛を適量取り、大体の形に丸めます。

最初は深く、形が出来てきたら表面を浅く刺します。

羊毛フェルトを持って、くるくると回しながら刺すと均等に刺せます。

パンダの耳を作る

次は耳です。

黒い羊毛を少量取り、単独で大体の形を刺します。

羊毛フェルトのパンダの耳を作るところ

先ほど作ったパンダの顔に耳を乗せ、取れないように深く刺しつけます。

羊毛フェルトのパンダの耳を付けるところ

両方の耳が付きました。

耳を配置する場所が少し変わるだけでも印象が変わります。

羊毛フェルトのパンダの耳が付いたところ

パンダの鼻と口を作る

パンダの鼻と口を作りましょう。

小さく取った黒い羊毛を、単独で大体刺しておきます。

羊毛フェルトのパンダの鼻を作るところ

バランスを見ながら、パンダの顔の上に乗せ、輪郭がはっきりするように形を整えながら刺しつけます。

羊毛フェルトのパンダの鼻を付けるところ

鼻が付いたら口を作ります。

口は線状に描くように刺しつけます。

羊毛をこより状にひねっておき、丁寧に端から刺していきます。

羊毛フェルトのパンダの口を付けるところ

ちょうどいい長さで線をカットし、両サイドにカーブさせながら刺しつけていきます。

端からゆっくりと刺していくときれいに線が付けられます。

羊毛フェルトのパンダの付けるところ

パンダの目を作る

パンダの目を作ります。

まずはパンダのトレードマークである、目の周りの黒いところです。

楕円形を垂れ目に刺しつけます。

羊毛フェルトのパンダの目を付けるところ

両方付けます。

ずいぶんパンダらしくなりました。

羊毛フェルトのパンダの目を付けるところ

ここまで来たらほぼ完成ですね。

羊毛フェルトのパンダの目が付いたところ

今回は、さし目を使って目をつけます。

目打ちで先ほどの垂れ目の中心部分に穴を開けます。

羊毛フェルトのパンダの目を差し込むところ

さし目の棒の部分にボンドをつけて差し込むと、取れにくくなります。

羊毛フェルトのパンダの目を差し込むところ

さし目は、ネットや手芸店でも購入できます。

色んなサイズを揃えておくと、作品に合わせて大きさを合わせられます。

両方の目が付きました。

さし目に光が反射して、表情が生き生きしましたね♡

羊毛フェルトのパンダの目が付いたところ

パンダの手を作る

パンダの顔が出来たら、手を作りましょう。

黒い羊毛を適量取り、大体同じサイズで手を作ります。

羊毛フェルトのパンダの手を作るところ

顔に付ける側にぼわぼわっとした部分を残しておくと、顔の部分に刺し付けやすくなります。

羊毛フェルトのパンダの手を付けるところ

手が取れないように深く顔に刺しつけておきましょう。

ブローチなどのアクセサリーにする場合は、特に強度が必要ですのでしっかり刺しておいてください。

羊毛フェルトのパンダの完成

羊毛フェルトのパンダが完成しました。

羊毛フェルトのパンダの手が付いたところ

顔だけでもいいし、このように手をつけてもいいし、体まで作ってもいいですね。

用途に合わせてアレンジしてみて下さい。

羊毛フェルトのパンダはとてもシンプルに出来ている

白と黒の羊毛だけで、羊毛フェルトのパンダを作ることが出来ました。

羊毛フェルトのパンダの完成

作り方の手順として、

  1. パンダの顔を作る
  2. パンダの耳を作る
  3. パンダの目を作る
  4. パンダの鼻と口を付ける
  5. パンダの手を作る
  6. 羊毛フェルトのパンダの完成

バッグに付けてみるとこんな感じ。

羊毛フェルトのパンダをバッグに付けたところ

子どものレッスンバッグに付けるとこんな感じです。

羊毛フェルトのパンダをバッグに付けたところ

パンダの顔にヘアゴムパーツを付けて小さい子のヘアゴムにしても可愛いですね。

材料を1から揃えるのが難しいという方はキットも販売されていますのでご覧くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。