羊毛フェルトのウェディングドールの作り方

困っている人
後輩が結婚するから羊毛フェルトのウェディングドールを作りたいな。
フェルトママ
ウェディングのプレゼントとはいいアイデアね。何か作りたいものはある?
困っている人
後輩は猫を飼っているから猫のウェディングドールを作りたいよ。
フェルトママ
ペットの猫ちゃんのウェディングドールなんてきっと喜ぶわ♡作ってみましょう!
この記事では、結婚祝いとして贈る羊毛フェルトのウェディングドールの作り方が分かります。
私は、朝5時起きで羊毛フェルトを作るほどの羊毛フェルト好きで、今まで作った作品は数え切れません。
今回は、結婚祝いとして羊毛フェルトのウェディングドールの作ってみたいと思います♡
スポンサーリンク

羊毛フェルトでウェディングの新婦ねこを作ってみる

まずは新婦の猫ちゃんを作ります。

ウェディングは神社婚をイメージして、白無垢スタイルにしてみますね。

ウェディング新婦ねこの頭を作る

まずは和風ウェディングの新婦ねこの頭を作ります。

いつものように白い羊毛を大体の形に刺し固めます。

ネコ

ベースの顔が出来ました。

ネコ

丸くなっていますね。

 

ここまでで刺すのが難しかった方はいますか?

テクニックに自信がない方は、簡単に作業が出来るニードルがおすすめです。

簡単に作業が出来るニードルに興味がある人は別記事の羊毛フェルトニードルおすすめ記事をご覧ください。(クリックで読めます)

 

口の上のふくらみを作ります。

同じぐらいの大きさの羊毛を大体作ります。

ネコ

ベースとなる顔の上で刺し固めると形を整えやすいです。

ネコ

ふくらみが出来ました。

ネコ

次は薄いピンクで鼻を作ります。

鼻のパーツも小さいので、顔の上で刺し固めながら形を作ります。

ネコ

口の線を入れます。

こより状にしてふくらみに沿って端から刺していきましょう。

ネコ

丁寧にぎゅっぎゅっと押し込むような感じで刺していきます。

ネコ

 

綿帽子から少し見える毛の色を付けていきます。

後輩の猫は三毛猫風でしたので、淡い黄色を使いました。

綿帽子をかぶせるので少しだけ色がついていたらOKです。

ネコ

ウェディングのプレゼントとなるといつも以上に丁寧な作業が必要です。

パーツは特に丁寧につけたいですね。

細かいパーツの付け方は少しコツがいりますので、別記事を参考にしていただけると分かりやすいです。

関連記事

困っている人羊毛フェルトのパーツをきれいに作る方法を知りたいな。フェルトママ私もなかなか上手に出来なかったのよ。困っている人そうなの?あとはパーツを上手にくっつけたいよ。フェルトママパーツの[…]

羊毛フェルトパーツの作り方と付け方

 

 

次に目を付けます。

今回はさし目を使うので、目打ちで穴を開けます。

ネコ

目に光が当たると作品が生き生きしますね。

生き生きした作品が好きなので、私はよくさし目を使います。

今回もウェディングのプレゼントなので、もちろんさし目を使います。

今回5㎝の顔の大きさに対して、直径4㎜のさし目を使いました。

ネコ

私はさし目をメルカリで買いました。

メルカリ画像

色々なサイズが120個も入って、送料込みで429円なんですよ。

とてもお買い得ですよね。

 

さし目は手芸店やネットでも購入できます。

色々なサイズを揃えておくと、作品に合わせて一番かわいいサイズが付けられます^^

 

次はいよいよ和風ウェディングに必須の綿帽子です。

白い羊毛を多めにとって、頭にかぶせます。

かぶせる前に大体の形を作っておくと楽ちんです。

ネコ

頭の大きさに合わせながら全体を形作っていきます。

ネコ

綿帽子のベースが出来たら、アクセントになる赤いラインを入れます。

これも赤い羊毛をこより状にして、端から刺していきます。

ネコ

後ろまでぐるっと刺しました。

こんな感じです。

綿帽子をかぶった猫ちゃんに見えますか?

ネコ

正面からはこんな感じ。

ネコ

後頭部はこんな感じの奥行です。

ネコ

綿帽子をかぶりました。

 

和風ウェディングっていいですよね。

趣があります。

新婦ねこの体を作る

頭が出来たので、体部分を作っていきます。

白無垢を着せるので白い羊毛で大体の形を作ります。

台形をイメージします。

猫の体

折りたたむようにすると合わせ部分がリアルになります。

必ず着物は左側が上になるようにしましょう。

小文字のyの形と覚えます^^

猫の体

多めに重ねたら、ニードルで整えます。

猫の体

合わせ部分は、線を入れるように端から刺しこんでいくとはっきりしてきます。

猫の体

大体の形が出来たら、アクセントに赤色のラインを入れましょう。

猫の体

一通り首回りまでぐるっと縁取ります。

猫の体

細い線の付け方は少しコツがいります。

別記事にて詳しく書いていますので参考にしてみて下さい。

\ 細い線の付け方 /

関連記事

困っている人羊毛フェルト作品に細い線を付けるのがとても難しいよ。フェルトママそうね。この線がうまく付けられるかどうかで作品のクオリティが決まるぐらいよ。困っている人どうやって線を付ければいいのかな。[…]

羊毛フェルトの細い線を付ける3つのコツ

新婦ねこの頭と体を合体させる

今度は頭と体を合体させます。

首の部分にぼわぼわする部分を残しておくと頭に刺しこみやすいです。

猫の体

バランスを見ながら整えます。

好みのバランスにしましょう。

猫の体

新婦ねこのヒゲとブーケを作る

次にヒゲとブーケを付けます。

ヒゲはワイヤーを切って使いました。

100均に売っているもので十分です。

好みの長さに切って、先にボンドを付けて刺しこみます。

羊毛がしっかり固まっていると刺しにくいので、先に目打ちで穴を開けておくと刺しやすいですよ。

ウェディングドール

同じ穴に2本刺しました。

ウェディングドール

両方刺しました^^

ワイヤーの先がカーブするように、手かペンチで軽く曲げます。

ウェディングドール

次にブーケを付けます。

これも100均の手芸コーナー( 今回はダイソーのもの )にあるパーツの一つです。

確か10個くらい入って100円でしたのでかなりお得です。

色々な種類のパーツが売っていますのでお好みで選んでくださいね。

裏側にボンドを付けてくっつけます。

ウェディングドール

ヒゲとブーケが付きました。

なかなか愛らしいですね^^

ウェディングドール

ではまた追記いたします。