羊毛フェルトのナマケモノの作り方

 
困っている人
羊毛フェルトでナマケモノを作りたいな。
 
フェルトママ
羊毛フェルトのナマケモノはハンドメイドサイトでも人気の商品よね。ぜひ作ってみましょう。
 

✔ この記事では羊毛フェルトのナマケモノの作り方が分かります。

 
ハンドメイド販売サイトでそこそこの値段がする羊毛フェルトのナマケモノ。
一見むずかしそうに見えますが、骨組みを使えばとても簡単に作れます。
とぼけた感じが何とも愛らしいですよね♡

 

羊毛フェルトのナマケモノ

 

スポンサーリンク

羊毛フェルトのナマケモノの材料と道具

羊毛フェルトのナマケモノの材料と道具は以下の通りです。

 

羊毛フェルトのナマケモノの材料と道具

 

  • グレー、黒の羊毛フェルト各適量ずつ
  • ハマナカのわたわた
  • ニードル
  • フェルティングマット
  • モール2本(ワイヤーやテクノロートでもOK)
  • さし目2個
  • 目打ち
  • ボンド

 

さっそく作っていきましょう。

羊毛フェルトのナマケモノの骨組みを作る

まずはナマケモノの骨組みを作ります。

骨組みを使うことでどんな形も簡単に作ることができます。

また、作品が完成した後もポーズなど形を自由に変えられるのでおすすめです。

 

モールを2本準備します。

羊毛フェルトに隠れるので、何色でもOKですよ。

 

羊毛フェルトのナマケモノの骨組みのモール

 

1本のモールを下の写真のように曲げます。

 

羊毛フェルトのナマケモノの骨組みを作るところ

 

2本目のモールをカットし、もう片方の足になるようにねじって付けます。

 

羊毛フェルトのナマケモノの骨組みを作るところ

 

短く切ったもう1本のモールを反対側の手になるように巻き付けます。

羊毛フェルトのナマケモノの骨組みが出来ました。

左手でだらんとぶら下がっているナマケモノのイメージです♡

 

羊毛フェルトのナマケモノの骨組みを作るところ

専用の形状記憶素材で骨組みを作りたい方はテクノロートを使ってみて下さいね。

また、別記事の羊毛フェルトを立たせるときの骨組みの作り方【テクノロートは必要?】で詳しく解説していますので合わせてご覧くださいね。(クリックで見れます)

 

羊毛フェルトのナマケモノに肉づけをする

ナマケモノの骨組みに肉づけをしていきましょう。

今回はハマナカのわたわたを使いました。(クリックで見れます)

初心者の方でも作品の土台の形を思いのままに作ることが出来る上、羊毛フェルトの節約にもつながるので便利なんですよ。

 

まずは頭の部分にわたわたを適量取って刺しつけます。

この時、ニードルの先がモールに強く当たると針先が折れますので注意してくださいね。

 

羊毛フェルトのナマケモノに肉付けをするところ

 

骨組みに沿って全体にわたわたを刺しつけます。

わたわたとモールがとても馴染みやすいので作業しやすいですね。

 

羊毛フェルトのナマケモノに肉付けをするところ

 

羊毛フェルトのナマケモノに色付けする

ナマケモノの骨組みに肉づけが出来たら、グレーの羊毛フェルトで表面に色を付けていきます。

グレーの羊毛フェルトを薄く取り、全体に巻き付けるように刺しつけます。

 

羊毛フェルトのナマケモノに色付けするところ

 

均一に巻き付けて色を付けていきます。

わたわたがベースにあるので羊毛フェルトを刺しつけやすいですね。

 

羊毛フェルトのナマケモノに色付けするところ

 

左手を上に上げているナマケモノの形になってきました。

 

羊毛フェルトのナマケモノに色付けするところ

 

全体にグレーで色を付けられたら、形がきれいになるように刺し整えます。

左手を上げたナマケモノの形が出来ました。

 

羊毛フェルトのナマケモノに色付けするところ

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔を作る

次はナマケモノの顔を作ります。

わたわた(白い羊毛フェルトでもOK)を顔の大きさぐらいに適量取り、平べったい丸に刺し固めます。

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔を作るところ

 

先ほど作ったナマケモノの顔の部分に乗せ、形を整えながら刺しつけます。

 

羊毛フェルトのナマケモノに色付けするところ

 

ナマケモノの顔のベースが付きました。

雰囲気が出てきましたね。

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔が付いたところ

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツを作る

顔の土台が付いたら、ナマケモノの顔のパーツを付けます。

まずはグレーの羊毛フェルトを少量取り、目の周りの模様にします。

細く取って、顔のバランスを見ながら刺しつけて下さいね。

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツを作るところ

 

両方の目の周りの模様が出来ました。

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツを作るところ

 

グレーの羊毛フェルトで、口元に三角の土台を小さく刺しつけます。

いよいよナマケモノらしくなってきましたね♡

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツを作るところ

 

次はさし目を付けます。

先ほど付けた目の模様の上に、目打ちで穴を開けます。

深めに開けておくと、さし目の棒が入りやすいですよ。

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツを作るところ

 

さし目の棒の先にボンドを付け、しっかりと差し込みます。

ナマケモノの目が付きました。

可愛らしい表情ですね♡

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツを作るところ

さし目はネットで色々なサイズを揃えることが出来ます。

作品に合わせて大きさを選ぶといいですね。

 

次は口元の三角の部分に、鼻と口のパーツを付けます。

口の形は少し変えるだけで色々な表情が出来るので、お好みで付けてみて下さいね。

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツを作るところ

 

全体像はこんな感じになりました。

 

羊毛フェルトのナマケモノの顔のパーツが出来たところ

 

羊毛フェルトのナマケモノの爪を作る

最後はナマケモノの爪をつけましょう。

今回はハマナカのテクノロートを使いました。

まずは3本短く切りそろえ、根元部分にまとめてボンドをつけます。

 

羊毛フェルトのナマケモノの爪を作るところ

 

まずは手の部分につけます。

接着したい部分の羊毛フェルトにニードルで凹みをつけておくと、差し込み口が出来てつけやすいですよ。

(同じところをニードルで何度も刺すと凹みが出来ます。)

 

羊毛フェルトのナマケモノの爪を作るところ

 

他の手足にも同様につけましょう。

テクノロートは形状記憶してくれるので、指先やラジオペンチなどを使ってカーブをつけるとよりリアルな爪になります。

 

羊毛フェルトのナマケモノの爪が付いたところ

今回使用したボンドはコニシ株式会社 ボンドウルトラ多用途 クラフト です。(クリックで見れます)

羊毛フェルトと異素材の接着はボンドによってはくっつかないことがありますのでご注意ください。

 

羊毛フェルトのナマケモノの完成

羊毛フェルトのナマケモノが出来ました!

何とも言えないゆるさが可愛いですね♡

骨組みが入っているので完成後も自由にポーズのアレンジがつけられます。

 

羊毛フェルトのナマケモノの完成

 

羊毛フェルトのナマケモノは骨組みを作ると簡単に作れる

羊毛フェルトのナマケモノは骨組みを作ると簡単に作ることが出来ました。

爪の部分を折り曲げて、キーリングに取り付けることも出来ます。

 

羊毛フェルトのナマケモノ

 

バッグに付けてみました。

個性的ですよね。

見た人から話しかけられるの間違いなしです笑

羊毛フェルトのナマケモノをバッグに付けたところ

 

羊毛フェルトのナマケモノの作り方は以下の通りです。

  1. ナマケモノの骨組みを作る
  2. ナマケモノに肉づけをする
  3. ナマケモノに色付けをする
  4. ナマケモノの顔を作る
  5. ナマケモノの顔のパーツを作る
  6. ナマケモノの爪を作る
  7. 羊毛フェルトのナマケモノの完成

 

今回ベースに使ったハマナカのわたわたは、初心者の方でも形を作りやすい羊毛フェルトです。

他の作品にもベースとして使えるので1つ持っておくと便利ですよ。

\ブラックフライデー開催中/
Amazon

 

ぜひ可愛らしいオリジナルのナマケモノを作ってキーホルダーやブローチにしてみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。